みどりが丘公園

文字サイズ

「芒種」と「梅雨」と「園内のウメ」と

2

昨日、東海地方が梅雨入りしたとの一報が流れました。

11

朝からシトシトと、雨が降り続く園内では、、、

3

雨に似合う「ハナショウブ」達が、

1

ただ今、園内各所の池で、ますます見頃です。

8

大きくそして芸術的な形の花弁で、

とっても存在感のあるハナショウブ。

しかしその花の一つ一つは、繊細で短命です。

気分が憂鬱になる梅雨となりますが、

一期一会の花との出会いに、

ふっと心和む瞬間があればと思います。

15

そんな梅雨入りとなった本日も、園内には、

お墓参りにご納骨、お墓開きにと、

多くの方がおみえになりました。

12

墓参道では、

↑↑こちらユリの仲間の「ヘメロカリス」や、

ヒガンバナの仲間、こちら「ゼフィランサス」が、↓↓

あちらこちらで、ニョキッと顔を出し、

こちらを向いて、ニコッと笑ってくれています。

13

  ところで、先週の金曜日、

NHKの放送内で、園内で開花中の

「ヒメクチナシ(別名:コクチナシ)」が、紹介されました。↓↓

放送をご覧いただき、

初めてのご来園の方も大変多くお越しいただき、

ありがとうございます。

14

園内各所にクチナシの仲間は植えられていますが、

放送でご紹介があった、この「ヒメクチナシ」は、

主に北園の東側沿道約300mで咲いています。↑↑

甘い香りとともに、散策をお楽しみください。

4

 ところで、暦の上では今日から「芒種」とのこと。

あまりこの言葉になじみのない私。

言葉の意味を調べてみたところ、

「梅の実、黄ばむ頃」とありました。

そこで園内のウメの実を見てみると、

・・・ちゃんと黄ばんでましたヽ(^。^)ノ 

「梅雨」という言葉も、

梅の実が熟す頃の雨という意味があるそうです。

時計もパソコンも携帯もTVも持っていない

↑↑ この「ウメ」が、

えらく立派に見えました。

6

 身近な自然の変化から、季節のうつろいを

目で肌で感じることができる、

「芒種」を迎えた、

ここ「みどりが丘公園」からのお便りでした。

« 前のページに戻る