みどりが丘公園

文字サイズ

真っ赤なトキントキンをよく見ると・・・

2

北園中央の並木道、

「アメリカフウ」の紅葉が見ごろとなりました。

1

例年より、1週間程遅めの紅葉具合です。

5

ただ、今年のアメリカフウの葉を、

よく見ていただきますと、

このように、↑↑

葉っぱの先端が、

トキントキンじゃないのです。

これは、

あの何度もやってきた、

大型台風の仕業です。

26

やっと見つけたトキントキンのこちらの葉も、↑↑

よく見ると、

先っぽがいまいちトキントキンしていません・・・。

あっ、ところでトキントキンの意味、

わかりますか?

「尖っている」ことを表現する言葉ということです。

トキントキンは名古屋弁のようで、

私も初めて聞いた時から気に入って、

今では当たり前のように使ってます(^-^;

知らない方は是非、

トキントキンを見つけて、

トキントキンって言ってみてください。

ちょっとはまる言葉ですよ(^_-)-☆

3

さて、話は戻りまして、

台風の強風は、

葉っぱも飛ばす勢いでした。

なので、

歯抜けならぬ葉抜けになった、

アメリカフウもありまして、

こちら右側の木のように、↑↑

葉っぱの数がとっても少ない、

アメリカフウもあります。

6

遠目にご覧いただいても、

このように、

スカスカした感じに・・・。↑↑

9

「上から見てても、トキントキンの葉っぱは見あたらないよ~。」↑↑

モズさんも木のてっぺんから探してくれましたが、

台風がやってくるまではきれいな星形だった、

何万枚の葉っぱ達は、

そのほとんどが、

ダメージを受けたままの姿で、

紅葉しているようです。

7

でも、汚く醜い姿だからと言って、

人間のように新しい服に着替えたり、

お化粧してごまかすことはしません。

27

自然をありのままに受け止め、

堂々とした姿で立っています。

しかしそれでも美しい、

アメリカフウの紅葉並木。

4

こちらの小さいナンテンも、↑↑

小さい枝をめいいっぱい広げて、

アメリカフウの紅葉に、

色どりを足してくれていましたよ。

「がんばれ~(^O^)/」

8

そんな事情のアメリカフウの紅葉並木。

今しか見られないその様子を、

墓参に散策の際に、

ご覧いただければと思います。

10

園内各所では、

アメリカフウ以外にも、

木々の紅葉はどんどん進んできています。

11

赤や黄色の、色鮮やかに♬

13

みどりが丘公園会館前の調整池周りのサクラは、↑↑

紅葉のスタートが早かったため、

そのほとんどが落葉しましたが、

まだ残っている葉は真っ赤で、

秋の陽光に輝いています。

14

ところで、会館前庭では、

こちらトキントキンの星型のお花、

赤や白、ピンク色のペンタス達が、

またまた見ごろとなってきました★☆★ ↑↓

15

これは、5月、

「のりくら保育園」の園児の皆様が植えてくれたお花達です。

先ほどのアメリカフウと同じように、

自然の影響を受けて、

なんどもダメージを受けましたが、

木と違い草花ですので、

なんども復活して、

ずっとお花を咲かせてくれていました。

アメリカフウはきれいなトキントキンを失いましたが、

ペンタスが楽しくトキントキンを生み出してくれています。

16

園児のみなさんに植えてもらった、

こちらのやわらかい紫色の花を咲かせる、

アゲラタムも、

何度も復活し、

いろんなお花とコラボしながら、

次々モコモコ咲いています。↑↑

植えてくれた子供達もあれから半年が経ち、

この力強く咲く花々のように、

いろんな出来事を経験し、

きっとたくましく大きくなっていることでしょうね(*^-^*)

17

ところで、会館周りで実る、

こちらのトキントキンの赤い実の植物は、

ハイビスカスローゼルと言います。↑↑

何年か前、

この植物の種を私に譲ってくれた方は、

最近、あの世へ逝かれました。

さみしいです。

でも、来年もこの実から生まれた種を植えれば、

またお会いできるような、

そんな気がいたします。

18

そのハイビスカスローゼルの中をよく見ると、

こちらの大きなお腹のコカマキリさんが、

大切な卵の産み場を探しているようでした。↑↑

命は繰り返し、

そして終わりなく、

どこかで続いている・・・。

真っ赤なトキントキンの植物達に、

いろいろ考えさせられた、

そんな一日が、

今日も終わろうとしています・・・。

19

« 前のページに戻る