みどりが丘公園

文字サイズ

心穏やかに・・・

4

秋のお彼岸も、そろそろ明けようとしていますね。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

この「秋のお彼岸」の期間は、ご先祖様の供養だけでなく、

自らの行いを省みて、心穏やかに過ごす期間とされています。

17

・・・しかし、そうは言っても、、、

「こんなに毎日毎日、雨ばっかりのお天気で、

   出かけるのも不便だし、洗濯物も乾かないし、

     心穏やかでなんか、とてもいられませんわッ!!」

・・・などなどと、、、、

この長く続く秋雨にも、ついついイライラしてしまうのが、

此岸にすむ、私たちというものです・・・(^_^;)

13 

 ・・・迷いや煩悩をすて、心穏やかに過ごす・・・・

ちょっとがんばればできそうで、

でもなかなか難しいこの行為。

せめて彼岸のラスト一日だけでも実行できればと、、、

19

この長雨に、一言も文句も言わず、

時の流れを自然に受け入れ、

ただ、ただ日々を、粛々と過ごしている、

園内の植物や生き物達の、

今の様子をご覧いただき、

皆様にも、少しでも心穏やかな時が、

ご提供できればと思います。

1

ただ今、園内では、

ヒガンバナ達が、見頃になってきました。

 ほら、あっちでも・・・

     ほら、こっちでも・・・

2

ヒガンバナのツボミは、このような形のものです。↑↑

この時期、毎日毎日、たくさんたくさん、

ニョキニョキニョキニョキ・・・と、

地面からツボミが、次から次へとと出てきて、

花火のように、パッと花開きます。

3

大量のヒガンバナの赤色に、「グッ」ときますが、

墓参道の片隅から、ひっそり顔を出す、

↑↑こんなヒガンバナの赤色にも、「ハッ」とさせられます。

今年の開花は例年より少し遅く、

見頃は、おそらく10月初め頃まで続きそうです。

5

真っ赤なヒガンバナに負けまいと、

8月にご紹介した、こちらサンゴジュ達は、

さらに濃く深い赤い実になりました。↑↑

6

 こちらハナミズキの実は、赤く色づいたばかりです。↑↑

7

↑↑ こちらハイビスカスローゼルは、

実も赤いですが、茎も赤く脈も赤い、

不思議な植物です。

8

不思議な植物と言えば、このイヌマキの実。↑↑

だるまさんのような形の上の実は、

黄や紫、赤やオレンジ色と、

とってもカラフルです。

「明日、天気にな~れッ(゜-゜)」

てるてるぼうずになってくれているようですが、

明日こそはお天気良くなることを願います・・・(^_^;)

12

つかの間の雨上がりに姿を見せる昆虫達は、

10

体を乾かし、食べ物を口にし、

11

そして、時の流れに身をまかせて、

恋人の訪れを待っています。

15

 人間には気づかれないように、

そ~っと、そ~っと、

心穏やかに待っています・・・

« 前のページに戻る