みどりが丘公園

文字サイズ

ヒガンバナが咲き始めました

1

9月に入り、リンリンチロリンと、

やさしい虫の音が聞こえる、

初秋の落ち着いた園内では、

真っ赤なヒガンバナが咲き始めました。↑↑

2

こちら8月から少しずつ開花していた真っ白いタマスダレも見頃です。↑↑

今は花数もどんどん増え、続々とツボミが出てきています。

この花も、先ほどのヒガンバナと同じ仲間の、ヒガンバナ科の植物です。

3

それにしても、このヒガンバナ、

突然、ニョキッと花芽を地面から突き出したと思ったら、

一気にすぐにグングン伸びて、芸術的な形の花を咲かせる、

ちょっと変わった植物ですよね・・・。

出てきたツボミは、気づかれず踏まれてしまうことが多々ありますので、

撮影される方などは、どうぞ足元に気を付けてお入りいただければと思います。。

5

変わった植物と言えば、こちらキノコの仲間も不思議です。

晴天続きだった8月から一変、

ここ数日の雨天が影響なのか、キノコの仲間をよく見かけます。

突然ニョキっと姿を見せて、

そして、突然いなくなってしまう、

まるで、コトダマのよう・・・

6

手よりも大きな、こんなキノコも発見( `ー´)ノ ↑↑

思わずにぎってしまいたくなるような、真ん丸ボディを、

「タッチ!!」 

・・・その触り心地は・・・

まさしく「中華まん」でした♪

おいしそうですが、食べれませんので、要注意・・・(*´ω`*)

4

そうそう、今見頃のこちらのヤブランの花にも、

プチプチしていて、おいしそうな実が付き始めましたよ。

8

そんな園内では、夏から開花を続ける、

こちらのサルスベリもまだまだ元気に開花を続けています。↑↑

サルスベリは漢字表記で、「百日紅」です。

その名の通りの花木ですね。

そんなサルスベリのさらに上手「千日紅」と

表記される植物もいますよ。

さて、何でしょうか?

10

それはこちらの、真っ赤な玉のようなお花、センニチコウです。↑↑

みどりが丘公園会館前庭にて、「百日草」の仲間、ジニアと一緒に、

とっくに100日越えで開花中です。

さすがに1000日は咲きませんが、

ドライフラワーにすれば、長~く楽しめる植物です。

7

園内各所にあります、ヒマワリ畑のヒマワリ達も、

まだまだツボミを多く付け、開花し続けていますよ。

最近は、種も熟してきましたので、

いろんな野鳥達が、お食事にやってきています。

夢中で食べるその姿は、とってもかわいいので、

そ~とご覧くださいね(^_-)-☆”

11

気候もよくなり、墓参や散策をされる方が多くなってまいりました。

先ほどのセンニチコウが咲くみどりが丘公園会館では、

墓参セットや供花の販売を常時行っています。

今日販売されていた供花は、このような種類の花でした。↑↑

12

みどりが丘公園会館は、年末年始以外は無休です。

また土日祝日は、朝8時から開館しています。

名古屋市営バスもすぐ目の前に発着いたしております。↑↑

多くの皆様のご利用、お待ちいたしております。


« 前のページに戻る