みどりが丘公園

文字サイズ

お車でお越しの方へ、12月1日(木)から、北園の出入り口が変わります。

7

今日は、とってもいいお天気で・・・

9

お墓参りに・・・

12

お散歩にと・・・・

8

たくさんの方が、おみえになりました。

16

この陽気に誘われて、寒くて姿を隠していた昆虫達が、

「もう少し秋を楽しむぞ~。」・・・っと、

はしゃいで飛び回っていましたよヽ(^。^)ノ

13

こちらは園内西側を南北に流れる愛知用水沿いの緑地帯。↑↓

14

地域の方々にも大変人気の緑地帯で、

これからますます紅葉が美しい場所になります。

そして、高い木々の上からは、

いろんな小鳥の声が聞こえてきて、

野鳥観察も楽しめます。

そうそう晩秋のこのところ、

園内で見られる野鳥の種類が増えてきました。

15

こちらはヤマガラ。↑↑

ナンキンハゼの実のお食事に、かなり夢中になりすぎて、

この鳥さん、私との距離1mのすぐ目の前まで寄ってきました。

私の存在に気づいてからは、

あわてて逃げていきましたけど・・・\(◎o◎)/!

普通は、こんな近くには寄ってきませんよね。

よほどこの実がおいしかったんでしょうね・・・(^_^;)

17

みどりが丘公園会館では、お客様よりいただきました、

野鳥のお写真を、随時展示させていただいています。

先程のヤマガラは、たまたま近くに来たので

安物のデジカメでも写真を撮れましたが、

通常、野鳥を写真におさめようとすると、

望遠の機能が付いたカメラでないと、

なかなかキレイに撮れません。

お客様よりいただいたお写真は、とってもキレイなので、

どんな動きをしているか、どんな色の羽なのか、

何を食べているのか、などなど、よ~くわかりますよ。

どんな野鳥がいるか、野鳥観察の

ご参考にしていただければと思います。

18

ところで、先日お伝えした、

みどりが丘公園会館周りの「オキナワスズメウリ」の実は、

緑から赤に変身してきました。

花壇植え替えのため、一部抜き取りましたので、

このように会館の中で「オキナワスズメウリタワー」にしてみました。↑↑

あの有名なトランプタワーにも負けない、面白タワーです(#^.^#)

抜き取ったあとでも、こうして吊るしておけば、

あと2か月くらいは楽しめる植物です☆★☆★☆★

1

みどりが丘公園会館は、南園へ入ってすぐの平屋の建物で、

年末年始以外、毎日開館しています。

(平日9時~17時 土日祝8時~17時)

特に初めてお墓参りに来られる方や、

県外からお越しのご親戚様との、

待ち合わせ場所などにも最適です。

10

墓地区画数、約2万6千、

そしてあの大きな名古屋ドームが、

なんと12個もすっぽりと入る、

広い広い面積の、ここ「みどりが丘公園」で、

どうぞ迷子になりませんように!!

19

さて、そんな広い広いみどりが丘公園の中央付近では、

ただ今、道路工事が着々と進んでいます。

そして、この県道名古屋岡崎線・みどりが丘公園の整備工事に伴い、

12月1日(木)から北園への出入り口が変わります。

上の地図をご覧ください。↑↑

現在は、北園への出入り口は「青矢印」となっていますが、

12月1日からは、「赤矢印」のようになります。

地図だけでは、何のことだかわかりにくいと思いますので、

今現在の様子で、ご覧いただきましょう。↓↓

3

 こちらは、地図上の「A」付近。↑↑

ここは皆様にいつもご利用いただいている、

公園出入り口のT字路付近の様子です。

写真の右側が南園へ、左側が北園に入れる場所ですが、

12月1日より、左側の道がお車では通れなくなります。

2

ここがその通行止めになる「青矢印」付近、

 地図上の「D」です。

車は通れませんが、歩道は残りますので、

今後は歩行者や自転車の方専用の道となります。 

4

お車でお越しの方は、12月1日からは、

真っ直ぐこの道を進んでいただきます。↑↑

地図上の「B」の道路です。

5

 そして、赤矢印の曲がり箇所、地図上の「C」が、

↑↑ この辺りになり、ここが、

12月1日からの北園出入口となります。

写真の奥に見える墓地は、173~6ブロック付近です。

写真左側の黄色の大型重機がある辺りに近寄り、

撮った写真が、こちらです。↓↓

20

ちなみに本日は作業がお休みのため、

重機も少なくまた止まっているので静かですが、

この県道名古屋岡崎線・みどりが丘公園整備の工事は、

今後も引き続き、3月末まで作業が進んでいきます。 

21

↑↓ こちらの、みどりが丘公園会館東側の道のように、

これまであった道がなくなっていたりと、

何かとご不便をお掛けいたしますが、

どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

22


« 前のページに戻る