名古屋市みどりが丘公園 NAGOYA CITY MIDORIGAOKA PARK

みどりが丘公園だより

みどりが丘公園からのイベント情報やお知らせを配信します。

17年 11月 18日 17:30

冷たい雨の中、ご参加ありがとうございました。

1

 

気温が、ぐぐっと下がり、

今日は朝から、

冷たい雨が降り続く一日となりました。

 

2

 

そんな中、「2017緑東部商業まつり」での、

「ファミリーウォーク」ご参加のみなさんが、

ここ、「みどりが丘公園会館」へも、

たくさんお立ち寄りいただきました。

 

4

 

「初めて来ました、ご近所なのでまた今度、

晴れた日にお散歩に来ますね~。」

・・・とのお声もいただき、

初・みどりが丘公園、ありがとうございます。

 

3

 

またのお越しを、スタッフ一同、

お待ちいたしております(^^ゞ

 

5

 

また、本日は「竹マスター講座~手入れと竹工作~」

へのご参加もありがとうございます。

この講座は、先週に続き、2回目の講座でした。

 

6

 

この講座では、竹の特性や利用、管理方法を、

雑木林研究会「眞弓浩二」先生より座学で学び、

 

7

 

実地で竹林整備体験や、竹炭窯見学、竹工作の指導を、

みどりが丘公園で活躍中のボランティア、

「なごや竹和会」のみなさんが行ってくれました。

 

8

 

今日は残念ながら雨が止まず、

竹林整備体験等、野外ので活動はできませんでした。

本日ご参加の皆様は、ご満足いく講座には、

ならなかったかもしれませんが、

これも自然のなすことですので、

どうぞご理解いただければと思います。

 

12

 

さて、突然ですが、問題です。

↑↑この竹の切れ端の葉は、

何週間も前から青々としたままなのですが、

何でこのまま青々しているのか、わかりますか?

ちなみにふつうは、竹は切ったらすぐに、

葉っぱが枯れて落ちてしまうものなのですが…。

今回の「竹マスター講座」を受講の方はお分かりかと(*^^)v

 

9

 

切った竹は、

材料としてもとっても有用です。

みどりが丘公園でも、

いろんな形で利用しています。

↑↑こちらでは、先日収穫した

「ヒョウタン」と一緒に飾ってみました。

 

10

 

↑↑こちらは、

「オキナワスズメウリ」の実を竹に絡めて、

クリスマスツリーのようにしてみました。

 

11

 

今はまだ緑色の実が多いのですが、

これからどんどん赤く変色していくので、

変化するツリーです。 

これらの実は、この夏、

みどりが丘公園会館周りで、

「みどりのカーテン」になってくれていた、

ツル性の植物達です。

 

16

 

まだ一部、緑が残っていましたが、

もうすぐ枯れますので、

一気に全部、取り外しました。

すると・・・

「えっ、このカーテン取っちゃうの!?」・・・っと、

 

14

 

あわててカーテンの中から飛び出してきたのは、

↑↑こちらのカマキリさんでした。

この「みどりのカーテン」は、人間でいう、

大型マンションのような場所で、

いろんな昆虫さん達に、とても人気の物件でした。

今はもう、ほとんど退居してしまいましたが、

まだこの子はここに住んでいたようです。

というのも、おそらくですが、

ここで卵を産もうと思っていたのかと。

いきなりカーテンがなくなり、かわいそうなので、

この子には、もっといい別の物件を探してあげました。

 

17

 

「みどりのカーテン」同様、

まだまだ元気に開花していたヒマワリ達も、

トイレや室内でのお飾りとして、

あとちょっとだけ、

がんばってくれています。

 

15

 

というわけで 「みどりのカーテン」は、

すべて取り外しましたが、

↑↑このように、柵に産み付けられた卵は、

残してあげています。

雪の多い地方では、

カマキリの卵の高さから、

この冬の積雪量を知るのだとか。

イチゴよりちょい上のこの高さの卵、

はたしてこの冬、積雪はこの下になるのでしょうか?

まぁ、ここは名古屋ですので、

雪が降っても、そこそこかとは思いますが(*´ω`*)

 

13

 

こちらの卵には、

お母さんが卵を産む時にはあった、

葉っぱも絡んで、

そのまま固まっています。↑↑

来春、殻を破って出てきたベビー達、

お母さんがどんな所にいたのかを、

この葉っぱで、

みんなで知ることになるのでは・・・( ◠‿◠ ) 

17年 11月 10日 17:30

「2017緑東部商業まつり」ファミリーウォークラリーのチェックポイント受付ます。

1

 

今日もいいお天気(^o^)

↑↑こちらは、みどりが丘公園南園出入口付近の様子です。

夏の間は、生い茂る木々の葉で、

見えなかった車などが、

最近は、よく見えるようになってきました。

そう、木々の落葉が進んできたのです。

 

19

 

こちらは、先日ご紹介しました、

北園のアメリカフウの並木道の様子です。↑↑

こちらも、だいぶ落葉が進んできまして、

今度は、地面が赤く染まってきました★”

 

12

 

木々が落葉すると、今度は、

ザクザク、カサカサ、サクッサクッ…っと、

落ち葉踏みの楽しみがありまよね♪

 

18

 

でも、子供のように、

無邪気に落ち葉踏みで大はしゃぎ

な~んてことはできませんので、

私なんかは、すました顔して、

落ち葉の辺りを、何度も往復して歩いてみたりして、

この時期限定の「秋の音」を一人こっそり、

楽しんだりしています( ˘ω˘ )♬

 

15

 

 また、落ち葉に加え、ドングリなんかも、

コロコロ、コロリと、

あっちこっちに落ちているものですから、

ついつい拾ってしまい、

いつの間にか、

ポッケがパンパンになっていることもございます。

私だけでしょうか・・・(~_~;)

 

16

 

そして、チョウを見つけては、

ついつい追いかけてしまい、

パンパンに詰まったポッケのドングリを、

ポロポロポロリと落として、

気付けばポッケが元通りな~んてことも。

私だけでしょうか・・・(”_”;)

 

13

 

まっ、そんな私事はさておき、

皆様は、「秋の公園」で、

どのようにステキな時間を、

お過ごしでしょうか(*^_^*)☆” 

 

20

 

みどりが丘公園は、

みどりが多い、とっても広~い公園ですので、

ウォーキングやジョギングなど、

運動を目的としたご利用の方も、

たくさんおみえです。 

14

 

四季折々の景色を眺めながら、

散策も楽しみながらの運動は、

ついつい歩幅も広がり、

歩数もどんどん上がることでしょう。

 

2

 

また、みどりが丘公園周辺は、扇川緑道など、

広域でウォーキングが楽しい地域でもあります。

11月18日(土)に開催される、

「2017緑東部商業まつり」では、

このエリアを歩いて再発見しようと、

「ファミリーウォークラリー」が行われます。↑↑

このイベントでは、

ここ、みどりが丘公園内「みどりが丘公園会館」も、

チェックポイント受付場所になっていますので、

ここで、チェックポイントまでの行き方を、

お知らせいたします。

 

3

 

まずは、緑区周辺の多くの皆様がよくご存じの、

こちらは、「天然温泉 みどり楽の湯」さんの看板から。

みどりが丘公園は、

この「楽の湯」さんの隣にある公園です。

↑↑ この看板を目印に、

この道を歩いて真っすぐ進んでください。

ちなみに、反対道路の道を通ると、

「みどりが丘公園会館」に行くのに、

かなり大回りになりますので、

ご注意ください。

 

4

 

愛知用水を過ぎ、市バスのバス停を過ぎ、

↑↑こちら写真奥の白い車の辺りで、

右に曲がります。

 

5

 

曲がったらそのまま真っすぐ進みます。

写真左手の緑屋根の建物が、

チェックポイントの、

「みどりが丘公園会館」です。

 

6

 

近づくと、このような、

「墓石相談所」という案内看板も見えてきます。

 

7

 

そして、 大きなシンボルツリーのコナラの木がある、

ここが「みどりが丘公園会館」です。

景色が広いので、

ここまで遠く感じるかもしれませんが、

先程の「楽の湯」さんの看板からは、

およそ徒歩3分の距離なんですよ。

 

9

 

イベント当日は、この会館内に、

チェックポイントがありますので、

ここでチェック受付してください。

ご参加の方には、素敵な景品をご用意しています。

ちなみに、この「みどりが丘公園会館」は通常、

休憩や各種墓地の相談場所として、

誰でもご利用していただける場となっています。

 

10

 

また、飲料水自販機や、供花に墓参セットの販売、

 

11

 

 「名古屋市農業センターdelaふぁーむ」の、

おいしいアイスクリームも販売中ですのでご利用ください。

 

8

 

みどりが丘公園会館は、年末年始以外無休で、

平日9~17時、土日祝8~17時の開館です。

「みどりが丘公園会館へ、どうぞお立ち寄りください( ◠‿◠ ) 」

スタッフ一同、皆様のお越しを、

お待ちいたしております。

17年 11月 2日 17:30

アメリカフウ並木道の紅葉が見ごろになりました★(※ミニ門松作り教室の受付終了のお知らせ)

1

 

先日、このおたよりでもお知らせしました、

北園のアメリカフウ並木の紅葉が、

いよいよ見頃となりました★”

 

2

 

風もなく穏やかな秋晴れの中、

 

8

 

無数の葉っぱ達が、

 

7

 

刻一刻、刻一刻、

 

6

 

次々と紅葉しています。

 

5

 

この三連休、墓参に散策にと、

みどりが丘公園へお越しの際には、

北園のアメリカフウ並木の、

紅葉の下でのお散歩は、

いかがでしょうか。

 

13

 

↑↑こちらは、名古屋市内で約2万部配布中の、

「行こうよ公園」秋号です。

表紙になっているのは、

そう、ここみどりが丘公園の、

アメリカフウ並木道です。

 

4

 

表紙と、同じアングルの、

今日の様子が、こんな感じです。↑↑

おおよそ、同じくらいに色づきました。

今年は、10月の低温のせいか、

例年より少々、紅葉が早いです。

 

12

 

さてここで、お詫びがございます。

「行こうよ公園」の冊子でもご紹介している、

↑↑こちらの「みどりが丘公園」掲載ページの、

「ミニ門松作り教室」は、

11月1日から受付を開始しましたが、

大好評のため、即予約受付終了となりました。

※キャンセル待ちの受付も終了しています。

 

9

 

ちなみに、作品例は、こんな感じでした。↑↑

引き続き、窓口やお電話で、

お申込みをいただいていますが、

お断りをさせていただいている状態です。

どうぞご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

15

 

お詫びと言ってはなんですが・・・、

もしよろしければ、竹筒はいかがでしょうか?

ただ今、みどりが丘公園会館では、

竹筒の無料配布を行っていますので、

ここでお知らせいたします。

竹筒の大きさは大小様々で、

面取りしていますので、切り口はツルツルです。

竹筒は、アイディア次第で用途多彩です。

↑↑ご案内のように、足つぼ押しにも使えますし、

鉛筆立てや、写真立てにもなりそうですね。

 

14

 

また、こんな感じに、↑↑

その辺りでみつけた「秋」を、

ちょっと挿して飾ってみるのもいいですよ(*^_^*)

ちなみにですが、

先ほどの、ミニ門松のように立派なものはできませんが、

ナンテンやササ、ウメやマツを、

竹筒にちょっと挿せば、

もうそれだけでも、

お正月らしいミニ飾りができることでしょう( ◠‿◠ ) ☆”

 

10

 

 さて、そんなお正月飾りにも使われる植物にちなんで、

園内のナンテンやササの、今日の様子を、

ちょっとここでご紹介いたします。

こちらはナンテン。↑↑

実の色が朱色になりました。

来月には、真っ赤になって、

冬らしい景色を演出してくれることでしょう。

 

11

 

こちらは、クマザサ。↑↑

寒くなり葉の縁が、緑から白く変色してきました。

ところで、クマザサのクマは、

「熊」と勘違いされることが多いようですが、

正しくは、「隈」なんです。

葉の縁の白いラインが、

「隈取り」のようなので、

この名になったそうですよ。

これからもっと寒くなると、

ますます白い縁が太くなってきますので、

これからのシーズン、紅葉散策にあわせて、

「隈取り」観察なんぞ、いかがでしょうか(*’ω’*)

 

3

このページのトップへ