名古屋市みどりが丘公園 NAGOYA CITY MIDORIGAOKA PARK

みどりが丘公園だより

みどりが丘公園からのイベント情報やお知らせを配信します。

17年 10月 15日 17:30

雨、曇り、雨・・・曇り、また雨。

1

 

前回は、飽きるくらいに青空続きの、

園内の様子をご紹介しましたが、

 

4

 

今回は、

曇天と 雨、雨、雨・・・

 

3

 

そして、また曇天・・・、

 

9 

 そして、また雨・・・、

 

10

 

・・・っといった天気が、

 

2

 

飽きるほどエンドレスに繰り返される、

 

11

 

どんよりとした雨日が、

ひたすら続く、

園内の様子をご紹介いたします(-_-)

 

12

 

こんな日が続くと、

路面がぬれていて歩きやすいのか、

カメが、池から池へと移動します。

そして、悲しいかな、

その途中で車にひかれたりします。

昨日も一匹、悲しいことに・・・。

ドライバーのみなさん、

もし園路で、石のような固まりを見かけたら

きっとそれはカメかと思いますので、

その場合、

ちょっとだけお時間いただき、

横断するのを、待ってあげていただければと。

雨の日のカメの動きは、

想像以上に、とても早いので、

ちょっと待つだけでいいですので、

どうぞご協力をお願いいたします(^_^;)

 

8

 

さて、そんな雨日続きの中ではありますが、

 

5 

 キンモクセイ達は、雨にも負けず、

この数日で、一気に満開になりました。

 

6

 

キンモクセイと言えば、

秋を代表する香りの木です。

この香りに包まれると、

誰もが、あの日、あの時の秋の出来事を、

ふっと思い出したりするのでは。

ご先祖様もきっと、

この香りの中で、

皆様とのあんなこと、こんなことを

楽しく思い出されているのではと思います。

 

7

 

雨続きで、足元が悪いため、

なかなか外へお出かけ気分になれない方には、

せめて、この写真を見て、

香りを感じていただければと思います。

 

17

 

さて、いろんな植物の実が、

日増しに色づくこの頃でもあり、

これも秋の楽しみの一つです。

↑↑ こちらは、イヌマキの実。

赤や黄、紫あたまの妖精が、

ブラブラぶら下がっているように見えます。

ちなみに、色が変化するあたまの方は、

食べることができますよ。

どの色がおいしいでしょうか?

 

14

 

↑↑ こちら、「モッコク」も、

真っ赤に実り、そしてはじけ、

野鳥達が「やったぁ~!」と喜んでいます。

ハトさんも、もぐもぐ夢中で食べて、

木から木へと飛び移り、

ワッサワッサと枝をゆすって、大はしゃぎでした。

「んっ、ところで、あの赤と緑の実は何だぁ!?」↓↓

 

13

 

ハトさんも「んッ!?」っと気になる、

↑↑こちらの実は、

「オキナワスズメウリ」という実です。

この実が緑色から赤く変色してきました。

ハトさんにとっても、もちろん人間にも、

残念ながら、食べれる実ではありませんが、

波縞模様がとってもかわいい、

観賞用の実です。

 

16

 

葉は夏の間、みどりが丘公園会館周りで、

「緑のカーテン」として、

会館周りを涼しくして活躍してくれました。

その葉は、未だまだ青々していまして、↑↑

茂る葉の間に現れる、

ぞっくするほどの赤い実探しを、

お子様達にも楽しんでいただいています(+o+)/

 

15

 

お天気予報では、まだまだしばらく、

このようなが雨日が続くとか・・・。

そんな中ではありますが、

秋色探しなどして、気分はパッと明るく、

2017年の秋を楽しんでいきましょうヽ(^。^)ノ

・・・何年か後、キンモクセイの香りとともに、

この、2017年秋の思い出が、

大切なものになるかもしれないので・・・(゜-゜)

 

18

17年 10月 11日 17:30

夏のような秋

4

 

ここ数日、

 

1

 

みどりが丘公園の、

 

3

 

お空の具合は、

 

10

 

どこもかしこも、

 

21

 

飽きるくらいに、

 

2

 

青色です。

・・・っと言っても、

爽やかな秋空の青ではなく、

夏空のような青で、

地上には暑い太陽光線が、

ジリジリと降り注いでいます。

 

6

 「暑い、暑い、暑いよ~ぉ!!

秋の半ばにこの気温、ありえな~い!?」

・・・っと、ただ今見頃の、コスモス達も、

真っ赤な顔して、暑そうです(*´Д`)

 

5

 

「あの暑い夏を乗り越え、

たかが30度くらいの気温なんか、

へっちゃらへっちゃら!!」っと、

言いたいところですが、

さすがに彼岸も過ぎ、

涼しさを体感した今の体には、

へこたれる気温です・・・(*´з`)

 

7

 

コスモス達が、バテ気味の中、

夏にたくさんのお花咲かせていた、

こちらのカンナ達は、

「あれ、また夏が来たのかしら♬」っと、

急にまた元気になり、

ツボミをグングン伸ばし、

そして、一気に開花しました。

 この前まで、もう枯れようとしてたはずですが、

気温の変化に敏感なんですね。

 

16

 

気温に敏感な植物と言えば、 

みどりが丘公園会館前にある、

こちらの、「スイフヨウ」もその一つ。

今日が夏日であることの証明を、

色の変化で、教えてくれます。

今朝9時、開花後は真っ白でした。

これが・・・

 

17

 

午後4時にはもう、真っ赤に変色してました。

漢字で「酔芙蓉」と表記するこの植物、

まさに酔っぱらいのように真っ赤です。

手を広げたくらいの大きなお花ですが、

真っ赤になったあとは、

すぐにしぼんで終わる、

一日しか咲かないお花です。

・・・がしかし、この色の変化、

夏場であれば、このようにはっきり変色しますが、

10月も半ばのこの頃は、

午後4時に、これほどはっきりと変色はしません。

むしろ、真っ白いままの時もあるくらいです。

こんなに真っ赤になっちゃって、

よっぽど暑かったのでしょう(;^ω^)

 

9

 

そんな、スイフヨウに負けまいと、

真っ赤に、メラメラと、

闘志を燃やしていたのは、

こちらのケイトウやセンニチコウの花々に、

 

14

 

 ハイビスカスローゼルの実、

 

15

 

 そして、紅葉したヘンリーヅタの葉です。

赤い壁が、青い空と緑の芝にサンドされ、

とってもアーティスティックです。

芸術の秋ですねぇ・・・( ˘ω˘ )☆彡

 

22

 

今日はとても暑かったので、やはり日中は、

運動される方がとても少なかったです。

 午後4時以降は、またいつものように

たくさんの方が体を動かされていました。

ところで・・・

夏のような気温で、つい忘れそうになりますが

今はもう、秋も半ばです。

 

18

 

「秋の日は釣瓶落とし」

日暮れはとても早いので、

足元が暗くなる午後5時半頃には、

ご帰宅されたほうがよろしいかと思います。

運動の秋でもありますが、

どうぞその点、

お気をつけてお過ごしを…。

 

19 

17年 10月 5日 17:30

『竹マスター講座~手入れと竹工作~』講座開催のお知らせ

1

 

昨晩の中秋の名月です。

キレイでしたね(^0^)~○”

 ススキやお団子を飾ったりして、

皆様はどこで、お月様をご覧になりましたか?

・・・事実、風がとても強く、寒かったですが・・・(~_~;)

 

2

 

ところで、この季節は、

いろんな種類の色鮮やかな、

秋の草花が咲いているのにもかかわらず、

なぜ中秋の名月には、

ススキをお供えするのでしょう・・・?

 

20

 

調べてみると、

ススキは、神様が宿る植物なんだそう。

鋭い葉、空洞の茎、なるほど~。

そして、頭を垂れる姿が似ている、

稲穂の代わりとなっているそうです。

無事に収穫できることに、感謝を込めて…。

供えたススキは、魔除け代わりになるそうですよ。

みどりが丘公園会館で飾ったススキも、

このまま、ドライフラワーにして、

魔除けにしたいと思います( ˘ω˘ )

 

3

 

さて、先日お伝えしましたコスモスの花々は、

天に向かって、元気いっぱい、

毎日、続々と開花しています。

 

4

 

爽やかな秋風に、気持ちよさげに、

ユラユラユラっと揺られながら・・・☆”

 

5

 

みどりが丘公園会館前では、

コスモスはコスモスでも、

冬まで開花する「ウィンターコスモス」が、

見頃になってきました。↑↓

 

6

 

 コスモスと同じように、

秋風にユラユラユラっと揺れながら、

皆様をお迎えしています。

 

11

 

草花の中をじっくりのぞくと、

今日も、いろんな昆虫さんが生活してました。

こちらは、おなかの大きなカマキリさん。↑↑

トウガラシの実と同じくらいのおなかでしょ。

産卵場所を探してたのかな。

私と目が合い、びっくりのよう!!

ごめん、ごめん( ;∀;)

 

21

 

↑↑ オンブバッタさんもたくさんいまして、

ちょっと葉っぱに触れると、

ピョーンと、たくさんのカップルが飛び出て、

カップルが分散します。

そして安心すると、またオンブをはじめます。

ただ、カップルがあべこべに・・・。

まっ、これでいいのかな・・・(^_^;)

 

10

 

今探しているのは、

3週間程前にいたこの子です。↑↑

秋になると、イナゴさんはみんな、

茶系のがっしりボディになっていますが、

この子だけは、生まれたてのような、

黄緑色のプニョプニョのボディで、

とってもかわいかったです。

この後すぐに、

花から花へ、飛んで行きましたよ。

あれからどこに、行っちゃったのやら…。

ところで、この子が乗っている、

お花の名前は、ヒャクニチソウと言います。

 

24

 

百日咲くから、ヒャクニチソウと名が付いたそう。

…とはいえ、もうここでは、

雨にも風にも、暑い陽射しにも負けず、

百日以上、今なお咲き続いています。

 

9

 

ちなみに、こちらは、センニチコウ。↑↑

千日咲くから、センニチコウだそう。

さすがに、千日も咲き続けませんが、

「百日越えは、あたりまえだよ(^^)v」

…っと言わんばかりに、

真っ赤に燃え、熱いハートで咲き続いています。

これら植物は、子供達が植えてくれました。

みんなのパワーが、植物達に伝わったのか、

今でもまだまだ、元気いっぱいで、

皆様をお迎えしています。

 

7

 

さて、ここで、

魔除けOK、植物パワー全開の、

こちら「みどりが丘公園会館」で開催される、

竹に関する講習会のご案内です。

 

15

 

講座名:『竹マスター講座~手入れと竹工作~』

竹林の手入れや竹炭窯見学、

間伐材を使った竹工作を行います。

※実技がありますので、作業しやすい服装でお願いします。

※ノコギリやヘルメットなどの道具はお貸しいたします。

 

日時:11月11日、または、11月18日 9時~15時

※雨天中止

 

費用:1,500円

※材料・保険料込み。(当日集金いたします。)

※お弁当はご持参ください。(飲料自販機はあります。)

 

講師:「なごや竹和会」のメンバーさん

 

申込方法:お電話、または事務所窓口にて

TEL(052)876-9877

 

14

 

↑↑ こちら、みどりが丘公園の竹林は、

講師をつとめてくれる「なごや竹和会」の皆さんが、

月1回程の頻度で、

手入れを行ってくれています。

ただ、先日の台風で竹は倒れ、

おまけに、活動日に雨が重なったりと、

竹林整備活動がしばらくできませんでした。

こまめに手入れをしないと、

竹林はすぐに荒れ果て、荒廃していきます。

 

26

 

この講座では、竹林の整備方法について、

座学で学び、実技で体験していただきます。

 

19

 

 そして、竹はとても有用な材でもあります。

この講座では、

竹の廃材を使っての、竹工作も行います。

この機会に是非、

竹のいろいろ、マスターしてみませんか。

 

16

 

そういえば先日、竹の隣の空には、

↑↑こんな、トンボのような雲が浮かんでいました。

竹と並んでいると、なんだかちょっと、

竹トンボのように、見えました(#^.^#)

17年 10月 1日 17:30

コスモス、再び見頃に☆”

1

 

9月上旬に開花のお知らせをしましたコスモスが、

再び、見頃になりました☆”

 

4

 

9月中旬は、非常に風が強い、

大型台風が通過しため、一時は倒れ、

花数もかなり少なくなっていたコスモス達。

 

2

 

また元気に復活し、チョウ達も大喜びのよう。

「今度はもっとキレイに咲くぞ!!」…っと、

コスモス達から、力強いパワーを感じます。

 

3

 

そして、同じく台風に倒れたヒマワリ達も、

また大空に向かって、

茎をのばし、蕾をつけ、

まだまだ元気に開花を続けています。

どうぞ、コスモスとあわせて、

もうしばらくの間、お楽しみください。

 

5

 

先日お伝えしました、

ヒガンバナの開花は、

もうすぐ終わりを迎えようとしています。

 

6

 

ところで、このヒガンバナが開花している期間のみ、

みどりが丘公園では、

↑↑こちら、日本最大級のチョウと言われる、

モンキアゲハが現れます。

ほんとに、大きいですよ!! 

そして、動きが早い早い!!

自転車で走っていても、

アッという間に、

ヒョイヒョイっと飛んで、

追い抜かれてしまいます(~_~;)

 

18

 

群生したヒガンバナの見頃は、終わりとなりましたが、

これから遅れて開花する怠け者ヒガンバナは、

所々でチョコチョコ出てきています.

 

7

 

まだ園内に滞在しているモンキアゲハと一緒に、

探してみてくださいね。

 

8

 

今日から10月。

実りの季節ですね。

ヒガンバナの上を見上げると、

カキの実が色づいていました。

 

16

 

そして、ナンジャモンジャの実が黒光り、

 

9

 

ハナミズキの実が真っ赤に燃えていました。

 

13

 

秋ですね~。

 

17

 

 草むらでは、

チッチッチッチ、リリリリリン、

キリキリキリキリ、スイーチョン・・・っと、

いろんな虫達が、大合唱しています。

これぞ本物の「ヒーリングミュージック」♬

心地良い音色に癒されながら、

お散歩してみませんか。

 

15

 

空もすっかり、秋ですね~。

みどりが丘公園会館の上空では、

一面に、巻層雲が広がっていました。

 

10

 

そのみどりが丘公園会館の前庭では、

バケツで育った稲が実り、頭を垂れ、

そろそろ収穫できそうです。

 

11

 

そして同じく、この会館前庭で、

頭を垂らしていたのは、

春からここで生活していた、

こちらのキリギリスさん。

「いらっしゃいませ、こんにちは。」

・・・っと、皆様に挨拶してるのかな(^-^)

この子は、ほんとにお花が大好きなようで、

いつもなんかしらのお花の上で、

のんびり遊んでいます(;^ω^)

 

12

 

その、みどりが丘公園会館前庭では、

濃い紫の花弁が目を惹く、

↑↑こちらのノボタンが、

ただ今見頃です。

 

14

 

 ノボタンとあわせ、

いろんな秋色の草花も見頃です。

先ほどのキリギリスさんも、

どうぞ探してみてくださいませ…(^_-)-☆

このページのトップへ