名古屋市みどりが丘公園 NAGOYA CITY MIDORIGAOKA PARK

みどりが丘公園だより

みどりが丘公園からのイベント情報やお知らせを配信します。

17年 10月 5日 17:30

『竹マスター講座~手入れと竹工作~』講座開催のお知らせ

1

 

昨晩の中秋の名月です。

キレイでしたね(^0^)~○”

 ススキやお団子を飾ったりして、

皆様はどこで、お月様をご覧になりましたか?

・・・事実、風がとても強く、寒かったですが・・・(~_~;)

 

2

 

ところで、この季節は、

いろんな種類の色鮮やかな、

秋の草花が咲いているのにもかかわらず、

なぜ中秋の名月には、

ススキをお供えするのでしょう・・・?

 

20

 

調べてみると、

ススキは、神様が宿る植物なんだそう。

鋭い葉、空洞の茎、なるほど~。

そして、頭を垂れる姿が似ている、

稲穂の代わりとなっているそうです。

無事に収穫できることに、感謝を込めて…。

供えたススキは、魔除け代わりになるそうですよ。

みどりが丘公園会館で飾ったススキも、

このまま、ドライフラワーにして、

魔除けにしたいと思います( ˘ω˘ )

 

3

 

さて、先日お伝えしましたコスモスの花々は、

天に向かって、元気いっぱい、

毎日、続々と開花しています。

 

4

 

爽やかな秋風に、気持ちよさげに、

ユラユラユラっと揺られながら・・・☆”

 

5

 

みどりが丘公園会館前では、

コスモスはコスモスでも、

冬まで開花する「ウィンターコスモス」が、

見頃になってきました。↑↓

 

6

 

 コスモスと同じように、

秋風にユラユラユラっと揺れながら、

皆様をお迎えしています。

 

11

 

草花の中をじっくりのぞくと、

今日も、いろんな昆虫さんが生活してました。

こちらは、おなかの大きなカマキリさん。↑↑

トウガラシの実と同じくらいのおなかでしょ。

産卵場所を探してたのかな。

私と目が合い、びっくりのよう!!

ごめん、ごめん( ;∀;)

 

21

 

↑↑ オンブバッタさんもたくさんいまして、

ちょっと葉っぱに触れると、

ピョーンと、たくさんのカップルが飛び出て、

カップルが分散します。

そして安心すると、またオンブをはじめます。

ただ、カップルがあべこべに・・・。

まっ、これでいいのかな・・・(^_^;)

 

10

 

今探しているのは、

3週間程前にいたこの子です。↑↑

秋になると、イナゴさんはみんな、

茶系のがっしりボディになっていますが、

この子だけは、生まれたてのような、

黄緑色のプニョプニョのボディで、

とってもかわいかったです。

この後すぐに、

花から花へ、飛んで行きましたよ。

あれからどこに、行っちゃったのやら…。

ところで、この子が乗っている、

お花の名前は、ヒャクニチソウと言います。

 

24

 

百日咲くから、ヒャクニチソウと名が付いたそう。

…とはいえ、もうここでは、

雨にも風にも、暑い陽射しにも負けず、

百日以上、今なお咲き続いています。

 

9

 

ちなみに、こちらは、センニチコウ。↑↑

千日咲くから、センニチコウだそう。

さすがに、千日も咲き続けませんが、

「百日越えは、あたりまえだよ(^^)v」

…っと言わんばかりに、

真っ赤に燃え、熱いハートで咲き続いています。

これら植物は、子供達が植えてくれました。

みんなのパワーが、植物達に伝わったのか、

今でもまだまだ、元気いっぱいで、

皆様をお迎えしています。

 

7

 

さて、ここで、

魔除けOK、植物パワー全開の、

こちら「みどりが丘公園会館」で開催される、

竹に関する講習会のご案内です。

 

15

 

講座名:『竹マスター講座~手入れと竹工作~』

竹林の手入れや竹炭窯見学、

間伐材を使った竹工作を行います。

※実技がありますので、作業しやすい服装でお願いします。

※ノコギリやヘルメットなどの道具はお貸しいたします。

 

日時:11月11日、または、11月18日 9時~15時

※雨天中止

 

費用:1,500円

※材料・保険料込み。(当日集金いたします。)

※お弁当はご持参ください。(飲料自販機はあります。)

 

講師:「なごや竹和会」のメンバーさん

 

申込方法:お電話、または事務所窓口にて

TEL(052)876-9877

 

14

 

↑↑ こちら、みどりが丘公園の竹林は、

講師をつとめてくれる「なごや竹和会」の皆さんが、

月1回程の頻度で、

手入れを行ってくれています。

ただ、先日の台風で竹は倒れ、

おまけに、活動日に雨が重なったりと、

竹林整備活動がしばらくできませんでした。

こまめに手入れをしないと、

竹林はすぐに荒れ果て、荒廃していきます。

 

26

 

この講座では、竹林の整備方法について、

座学で学び、実技で体験していただきます。

 

19

 

 そして、竹はとても有用な材でもあります。

この講座では、

竹の廃材を使っての、竹工作も行います。

この機会に是非、

竹のいろいろ、マスターしてみませんか。

 

16

 

そういえば先日、竹の隣の空には、

↑↑こんな、トンボのような雲が浮かんでいました。

竹と並んでいると、なんだかちょっと、

竹トンボのように、見えました(#^.^#)

17年 10月 1日 17:30

コスモス、再び見頃に☆”

1

 

9月上旬に開花のお知らせをしましたコスモスが、

再び、見頃になりました☆”

 

4

 

9月中旬は、非常に風が強い、

大型台風が通過しため、一時は倒れ、

花数もかなり少なくなっていたコスモス達。

 

2

 

また元気に復活し、チョウ達も大喜びのよう。

「今度はもっとキレイに咲くぞ!!」…っと、

コスモス達から、力強いパワーを感じます。

 

3

 

そして、同じく台風に倒れたヒマワリ達も、

また大空に向かって、

茎をのばし、蕾をつけ、

まだまだ元気に開花を続けています。

どうぞ、コスモスとあわせて、

もうしばらくの間、お楽しみください。

 

5

 

先日お伝えしました、

ヒガンバナの開花は、

もうすぐ終わりを迎えようとしています。

 

6

 

ところで、このヒガンバナが開花している期間のみ、

みどりが丘公園では、

↑↑こちら、日本最大級のチョウと言われる、

モンキアゲハが現れます。

ほんとに、大きいですよ!! 

そして、動きが早い早い!!

自転車で走っていても、

アッという間に、

ヒョイヒョイっと飛んで、

追い抜かれてしまいます(~_~;)

 

18

 

群生したヒガンバナの見頃は、終わりとなりましたが、

これから遅れて開花する怠け者ヒガンバナは、

所々でチョコチョコ出てきています.

 

7

 

まだ園内に滞在しているモンキアゲハと一緒に、

探してみてくださいね。

 

8

 

今日から10月。

実りの季節ですね。

ヒガンバナの上を見上げると、

カキの実が色づいていました。

 

16

 

そして、ナンジャモンジャの実が黒光り、

 

9

 

ハナミズキの実が真っ赤に燃えていました。

 

13

 

秋ですね~。

 

17

 

 草むらでは、

チッチッチッチ、リリリリリン、

キリキリキリキリ、スイーチョン・・・っと、

いろんな虫達が、大合唱しています。

これぞ本物の「ヒーリングミュージック」♬

心地良い音色に癒されながら、

お散歩してみませんか。

 

15

 

空もすっかり、秋ですね~。

みどりが丘公園会館の上空では、

一面に、巻層雲が広がっていました。

 

10

 

そのみどりが丘公園会館の前庭では、

バケツで育った稲が実り、頭を垂れ、

そろそろ収穫できそうです。

 

11

 

そして同じく、この会館前庭で、

頭を垂らしていたのは、

春からここで生活していた、

こちらのキリギリスさん。

「いらっしゃいませ、こんにちは。」

・・・っと、皆様に挨拶してるのかな(^-^)

この子は、ほんとにお花が大好きなようで、

いつもなんかしらのお花の上で、

のんびり遊んでいます(;^ω^)

 

12

 

その、みどりが丘公園会館前庭では、

濃い紫の花弁が目を惹く、

↑↑こちらのノボタンが、

ただ今見頃です。

 

14

 

 ノボタンとあわせ、

いろんな秋色の草花も見頃です。

先ほどのキリギリスさんも、

どうぞ探してみてくださいませ…(^_-)-☆

17年 9月 24日 17:30

彼岸日和。そして、咲き誇るヒガンバナ。

7

 

ただ今、園内は、

 

3

 

あちらでも、

 

5

 

こちらでも、

 

2

 

真っ赤なヒガンバナが、見ごろです。

 

4

 

この秋彼岸の期間は、

 

6

 

お天気に恵まれ、

13

 

ご先祖様とともに、

よい時をお過ごしのことかと思います。

 

1

 

咲き誇る真っ赤なヒガンバナをじっくり見ると、、、

 

9

 

その間から白いヒガンバナも咲いていたり、

 

10

 

同じ仲間の真っ白なタマスダレとコラボして咲いたり、

 

18

 

夏から未だに頑張って開花し続けるヒマワリ達に、

エールをおくりながら咲いていたり、

 

16

 

大小のいろんなチョウと戯れながら咲いていたりと、

 

14

 

いろんな表情を、私達に魅せてくれます。

 

12

 

時計もカレンダーも持たないのに、

ちゃんとこの秋彼岸に咲く、

その名もヒガンバナ。

 

15

 

ツボミはまだ続々と上がってきています。

今月末までは見ごろが続くことでしょう。

 

17

 

このヒガンバナとともに、

この時期限定の秋景色を、

どうぞお楽しみください。

 

11

 

 

17年 9月 18日 17:30

敬老の日に・・・

9

 

昨晩の恐ろしい雨風が過ぎ去り、

 

6

 

台風一過の今日は、

 

2

 

雲の塊が次々と流れ去り、

 

7

 

台風を乗り越え安心した花々がまた咲き、

 

5

 

穏やかな一日となりました。

 

1

 

今日は敬老の日。

 

12

 

園内各所では、御爺様や御婆様と

ご家族の皆様との楽しいお話声が、

あちらこちらから聞こえてきて、

 

16

 

台風一過の中で、

今日のこの平和な一日の大切さを、

より一層実感する一日となりました。

 

10

 

そして園内では、、、

「もうすぐ秋のお彼岸ですよ。」

 そんなお告げをするかのように、

無数のヒガンバナ達が、

ニョキニョキ花芽を伸ばしてきました。

あと数日で、見頃となりそうです。 

17年 9月 15日 17:00

秋彼岸期間中のお知らせ

1

 

秋の七草の一つ、

ハギの花が見ごろとなりました。

7

 

直射日光は、まだまだきついですが、

爽やかな気候となってまいりました。

「暑さ寒さも彼岸まで・・・」

そんな言葉を肌で感じるこの頃です。

 

13

 

そう、もうすぐ秋のお彼岸ですね。

 

5

 

みどりが丘公園の園内は、

県道名古屋岡崎線の開通に伴い、

3月より、園内通路が大幅に変わりました。

 

2

園内の新しい通路についての、詳しい情報につきましては、

このおたよりでも、度々ご紹介させていただいております。

8月のアーカイブをご覧いただくか、または、

みどりが丘公園事務所へ、お電話ください。

TEL(052)876-9877

 

15

 

彼岸期間中は、園内は大変込み合います。

多くのお車がスムーズに流れるよう、

園内には、駐車禁止のバリケードや一方通行、

交通誘導員の配備などを行います。

皆様どうぞ徐行運転でご安全にご通行ください。

 

6

 

彼岸期間の園内出入り口門の開門については、

9月22~24日、午前6時~午後7時となります。

(通常時は、開門が午前7時~午後7時です。)

↑↑ またこちら、通常時は閉門している、

北園の北側の門扉は、

上記期間中の同時間、開門いたします。

3

 

また、名古屋市バスをご利用の方などに、

大変便利にご利用いただける、

無料園内巡回バスが、

9月22~24日 午前8時半~午後3時に走ります。

(正午~12時半は休止します。)

 

4

 

↑↑ 園内8か所に、このような、臨時バス停があり、

約20分間隔でバスが来ますので、

この看板の箇所で、ご自由にご乗車ご降車ください。

 

9

 

みどりが丘公園会館の開館時間は、

9月16~18、22~24日 午前8時~午後5時です。

供花や線香ロウソクなどは、

通年販売していますのでご利用ください。

 

10

 

会館内では、9月16~18、23~24日の期間中は、

名古屋市農業センター出店による、

季節の果物やお菓子などの販売を行います。

 

16

 

また、同期間中は、

お仏壇の他、お部屋のインテリアとしてもお飾りいただける、

ステキな造花の手作り小物なども販売いたします。 

 

11

 

それでは、皆様にとって、

よい彼岸のひと時となりますように・・・。

17年 9月 8日 17:30

秋めいてはきましたが・・・

1

 

先日、コスモス開花のお知らせをさせていただきましたが、

こちらの、北園芝生墓地付近の花畑でも、

コスモス達が見ごろになってきました。

こちらでは、ヒマワリとコスモスが交互に植えてあるので、

色とりどりの花畑となっています。

 

2

 

その付近では、

こちら、ヒガンバナも咲いていますよ。

みどりが丘公園は、

園内各所に、ヒガンバナ畑がありますが、

ここのエリアのみ、

毎年、格別に早く開花するエリアとなっていて、

園内各所では、まだ全然開花してません。

「ヒガンバナは咲いてますか?」

とのお問い合わせを、最近、多くいただいておりますが、

現在は、北園のこの場所のみとなっていますので、

どうぞお間違いなく。

また、園内全体で見頃が始まりましたら、

随時、お知らせいたします。

 

3

 

さて、コスモスの開花とともに、

 

10

 

木々の葉も、

日に日に緑が抜け、

秋めいてきました。

 

9

 

木の葉の色だけでなく、

園内には他にも、

いろいろ秋めいてきたことが。

 

5

 

こちらは、クズの花。

そう、秋の七草の一つです。

甘~い香りが、園内一円、ただよっていて、

何というか、例えるなら、

小学生女子の、筆箱の中に、

自分がすっぽり入った気分になります。

この例え、匂い消しゴム好き女子なら、

きっとわかっていただけるかと・・・(^_^;)

 

4

 

こちらも、秋の七草。

そう、ススキです。

穂が広がり、花が咲き始めました。

 

6

 

皆様のお墓を拝見させていただいても、

秋になったなぁと感じます。

例えばこちらは、ケイトウ。↑↓

きっと、以前のお供え花から、

こぼれた種が発芽し、咲いたのかと。

あちらでも、こちらでも、

いろんな種類のケイトウが、咲いています。

 

23

 

キレイなので、除草せず、

これだけは、残してみえるのでしょうね。

きっと、ご先祖さまにも、

秋を感じていただけていることでしょう。

 

7

 

たくさんの種類のバッタ達が、

墓石の間を、忙しそうに飛び交う風景も、

自然が多い、ここ、

みどりが丘公園の墓地ならではの、

秋の風景です。

 

11

 

ところで、

太陽フレアの影響で、

電気を帯びた大量の粒子が、

地球に降り注いでいるとか。。。

人体には問題ない粒子とのことですが、

今日は、その影響かどうか、

痛いくらいの強い陽射しが続く一日でした。

もう秋なのに・・・(-_-;)

 

19

 

 そんな中、強い陽射しを避けてか、

「みどりのカーテン」の影で休んでいたのは、

こちらのカマキリさん。↑↑

「表からは葉に隠れて見えませんでしたが、

室内からは、見えてましたよ。

しかも、5時間くらいは、

ここで休憩していたのも、知ってますよ(;^ω^)」

 

26

 

秋めいてはきましたが、

陽射しはまだまだ暑いので、

みなさんも、ご来園の際には、

木陰やあずまやでのご休憩を、

どうぞお忘れなく。

 

12

 

涼しい木陰が続く道と言えば、

北園中央の、こちら、

「アメリカフウ」の並木道です。

↑↑こちらは、今日の並木の様子で、、、

 

22

 

10月末くらいからは、

↑↑ このように、様子が一変いたします。

今は暑くて、とても想像しがたいですが、

紅葉の頃には、木陰が寒く、

日向が心地よく感じるように、

きっとなっていることでしょう・・・。

さてさて、この紅葉の様子が、

↓↓ このような冊子の表紙になって、

ただ今、名古屋市内で配布されていますので、

先日登場いただいた、フララちゃんに、

ちょっと紹介してまらいましょう。

 

25

 

「ハーイ、皆様こんにちは、フララです。

先ほどのアメリカフウの並木の様子は、

こちら、「行こうよ公園」の、

秋号の表紙になっていますよ。

「行こうよ公園」、ご覧になったことはありますか?

名古屋市内のいろんな公園情報が、

掲載されている無料冊子で、

年4回、毎号2万部以上発行されています。

名古屋市内の各施設などで、

ただ今、配布していますので、

もし、この真っ赤な秋色の冊子を見かけたら、

是非お手にお取りいただき、

秋の行楽予定にお役立てくださいませ(^^)/」

 

24

 

「行こうよ公園」の冊子は、ホームページからも、

ダウンロードできますので、よろしければ、

こちらの公式サイトをご覧ください。

(公財)名古屋市みどりの協会 

公式ホームページ↓↓

http://www.nga.or.jp/

 ※冊子のダウンロードは、ホームページ上部、

「グリーンジャーナル 講習会・催し物ガイド」の、

バナーを、クリックしてください。

 

15

「もちろん、みどりが丘公園でも、

公園会館の中で、配布していますよ。

そして、お時間よろしければ、

私、フララも、探してね。

ここで~す、ここ、ここ~ッ( ◠‿◠ )☆” 」 

 

20

 

本日ご紹介しました通り、

園内は秋めいてはいますが、

今はまだ、暑さとの闘いの日々・・・。

もうしばらくの間は、

日傘や帽子が手放せない日が、

続きそうですね・・・(*´з`)

もうしばらく、もうしばらく、

ガマン、ガマン…

17年 9月 2日 17:30

「手作り竹おもちゃで遊ぼう!」教室開催のお知らせ

1

 

9月に入り、

南園388と389ブロック付近の花畑では、

コスモス達が、見頃になりました。

~秋ですね~

・・・っと言いたいところですが、

残暑まだまだ厳しい今日この頃・・・

 

2

 

まだまだ見頃の、

こちらヒマワリのほうが、

この暑さの中では、

お似合いかもしれません(^_^;)

 

3

 

みなさんは、

ヒマワリ? それとも、コスモス?

どっちの気分で、お過ごしでしょうか?

私は、気分はヒマワリ、気持ちはコスモス、

・・・っといった感じですので、

↑↓ こんな感じでしょうか。

ヒマワリとコスモスが、

走馬灯のよう・・・(@_@;) 

 

28

 

 まっ、暑さ寒さも彼岸までと言いますので、

こんな気分は、彼岸の頃まで、

まだまだ続きそうです。

ヒマワリも、コスモスも、形は違えど、

同じ仲間のキク科の植物です。

しばらく、このお花達のコラボレーションを、

移り行く季節の変化とともに、

どうぞお楽しみいただければと思います。

 

14

 

ところで、先ほどのキク科の仲間のように、

開花の長い植物もあれば、

↑↑こちらの、「フヨウ」のように、

たった一日でしぼんでしまう、

はかない命のお花もあります。

 

4

 

みどりが丘公園会館の周りにも、

そんな短命のお花達が、

今日も朝から彩りよく咲き揃い、

皆様をお迎えしていました。

ここで、どんな一日花があるのか、

少しだけご紹介いたします。↓↓

 

29

 

↑↑こちらは、皆様におなじみの、

そう、アサガオです。

日本のアサガオとは違い、

こちらは、「西洋アサガオ」ですので、

これからの季節が、見頃となっていきます。

 

12

 

↑↑こちらは、アサガオと同じ仲間の「ルコウソウ」。

とっても小さいお花ですが、

赤、白、ピンクの星形の花びら、

多くの皆様に人気のお花です。

 

10

 

同じく星のようなお花のこちらは、「カボチャ」です。↑↑

このお花、暗いうちから咲きますので、

10時頃には、こんな感じに閉じてしまいます。

でも、とっても大きなお花ですので、

閉じてもなお、存在感はたっぷりです。

うまく受粉すれば、

これまためちゃくちゃドデカイ、

実になる予定です・・・こうご期待(*´з`)

 

21

 

こちらは、小さなお花、そう「ツユクサ」です。↑↑

雑草扱いされ、すぐに抜かれてしまいがちですが、

よく見ると、なんとも不思議な花姿。

この子達はあえて残して、観賞用にしています。

ただし、午後にはこのお花、

ぐちゃっとつぶれて、

とけてなくなります・・・(-_-)♯

 

30

 

先日のおたよりでもご紹介しました、

↑↑ こちら「ハイビスカス」も、

一日で終わります。

黄色の他に、赤、ピンク、白と、、、

豪華な花びらドレスを身にまとうのは、

たった数時間だけ・・・

まるでシンデレラのよう( ˘ω˘)☆”

 

8

 

・・・命短し花美し・・・

まだまだ他のも、この会館前には、

いろんな短命のお花がありますよ。

みなさんも、見つけてみてくださいね。

さて、ここで、

ここ、「みどりが丘公園会館」で開催される、

お子様向けの竹教室のご案内です。↓↓

 

6

 

~ 「手作り竹おもちゃで遊ぼう!」 ~

 竹トンボや竹笛、竹ポックリに竹リョーシカなど、

竹のおもちゃで遊んでいただく、

たのしい教室です( ◠‿◠ ) /

 

日時:9月16日(土) ①10~12時 ②14~16時 

※雨天実施

費用:500円(材料・保険料)

講師:なごや竹和会

申込方法:みどりが丘公園事務所へお電話ください。

(052)876-9877

 

9

 

竹は、様々な「物」に変身します。

 ただ今、会館内では、

↑↑ こちらの「竹楽器」が、

お子様達に人気で、

カラカラ、コトコト、チャラチャラと、

いろんな音が、楽し気です(^^)/♪

ご来館の際には、

大人のみなさんも、ご遠慮なく、

どうぞお試しくださいませ♬

 

7

 

 音と言えば、園内では、ただ今、

↑↑ こちら、ツクツクボウシが、

あちらこちらで、

夏の終わりを告げています。

「ツクツクボ~シ、ツクツクボ~シ」

 

16

17年 8月 24日 17:30

お花の妖精「フララちゃん」と一緒に・・・

1

 

「みどりが丘公園会館」前庭の、

この中で・・・、↑↑

 

7

 

お花の妖精「フララちゃん」が、

大好きな植物に囲まれて、

チョコンと座っておりました。

 

3

 

「こんにちは、私はフララ(*^_^*) 

このコリウスのソファねぇ、

フワフワでとっても気持ちいいのよ。

もしお時間よろしければ、

一緒に座って、お話ししませんか♪」

 

2

 

このフララちゃんは、

ここ「みどりが丘公園」を管理運営している、

(公財)名古屋市みどりの協会で活躍中の、

マスコットキャラクターです。

今日は、「みどりが丘公園会館」前庭で、

植物や生き物を、みんなに紹介してましたよ。

ちょっとその様子を、見てみましょう。↓↓

 

8

 

↑↑ 「このお花は、タマスダレと言います。

花を玉に、葉を簾に例えて、この名がついたようです。」

 

4

 

↑↑ 「これは、ペンタスという名前のお花です。

ペンタというのはギリシャ語の「5」。

このお花をよ~く観察してみてくださいね。

何かが「5」ですよ・・・わかりましたか、

そう、花弁が「5」ですね、このお花が、

たくさん集まって咲くことから、ペンタスといいます☆”」

 

5

 

↑↑ 「これは、ニチニチソウです。

日々咲くことからこの名前になったとか。

暑さに負けず、毎日、毎日、

次から次へと健気に懸命に

咲いている姿を見れば、

きっと絶対に忘れない名前のお花です。

もう少しだけ頑張って咲いてね、ニチニチソウさん。」

  

19

 

「ちょっと暑くなってきたので、ここで休憩しま~す。

これは、みどりのカーテンといって、

暑い夏の陽射しを、

葉っぱのカーテンが遮ってくれています。」

 

18

 

「いろんな種類のつる性植物がカーテンになってますよ。

そしてよく見ると、たくさんの虫さん達も遊びにきてますね。」

 

11

 

「こちらは、カマキリさんです。

体の大きさの割に細い脚を、器用にあちこちかけ、

しかも斜め下向きになり、そして、、、

私にあいさつするまでの余裕の見せよう。

このポーズ、みなさんはマネできますか。

フララはムリムリ・・・(^_^;)」 

 

 12

 

「こちらでも、ハチさんが、

すごいバランスで花の蜜を吸っていました。

このハチさん達の忙しい作業のおかげで、

いろんな花がどんどん受粉して、

たくさん実がなっていくんだろうな。」

 

10

 

「たとえばこれは、オキナワスズメウリ。

スイカ模様がとってもかわいいわね。

秋には、緑の部分が真っ赤になるんだってよ、楽しみね。」

 

14

 

あれれ、フララちゃん、

今度はそこで何をしてるのでしょうねぇ? ↑↑

「スイレンの葉の上に寝転んで、お空を見てるの。

お花達も、この広い広いお空を、

こんな感じで見ながら、

咲いているんだなぁって・・・。」

 

20

 

フララちゃんが寝転んでいる、

小さな会館前の臨時池では、

いろんな生き物達の、

小さな小さなドラマが、

日々刻々と繰り広げられています。

 

15

 

↑↑ この体長3㎝程のイトトンボの、

アメンボを捕える無駄のないすばやい動きは、

とても巧妙な手口で、

百獣の王ライオンよりも、

はるかに恐ろしい狩り姿でした。

 

16

 

先日まで会館周りで、

猛スピードで追いかけっこしていた、

こちらギンヤンマのカップルは、

今日ついに産卵の時を迎えたようです(*^。^*)

 

13

 

 メダカの子供はすくすく育ち、

ワイワイ泳ぎ、はしゃぎ、

水中で餌となる何かを自分で探し食べ、

そして、、、

毎日どんどん仲間が増えています・・・(^_^;)

植物があって、水があること、

たったこれだけで、

生物の様々な営みが生まれ、実に面白い(゜-゜)☆”

「ねっ、フララちゃん。」・・・って、あれッ、

フララちゃんはどこッ!?

 

17

 

あっ、いたいた・・・(~_~;) ↑↑

 「そっちの池じゃなくて、こっちには、

バケツで育ってる植物もありますよ。

これはね、何かというと、イネなんです。

戸田川緑地公園のスタッフさんが、

みどりが丘公園でも育ててねってくれたのよ。

秋になったらお米が何粒できたか、

一緒に数えてみない。」

 

6

 

「ちょっとまだ早いけど、このハイビスカスのお布団で、

フララはこれからお昼寝しますね・・・Z

なんで急いでいるかって言うとね、

もうすぐお花がしぼんでしまうからなの・・・ZZ

見た目はゴージャスなお花なんだけどね、

一日しか咲かない、

とっても儚いお花なんです・・・ZZZ」

 

 21

 

・・・というわけで、

フララちゃんの植物&生き物紹介はおしまいになりました。

また今度いつか、お花の妖精フララちゃんと一緒に、

植物&生き物観察、やってみようかと思います。

その時まで・・・。

 

9

 

フララちゃんは、こんなお花の間に、↑↑

チョコンと座ってたりします。

みなさんも、お花の妖精フララちゃんを、

(公財)名古屋市みどりの協会が管理運営する、

名古屋市内の公園のどこかで見かけたら、

ちょっと声をかけてみてくださいね。

 何か面白いこと、教えてくれるかも(^o^)☆” 

 

(公財)名古屋市みどりの協会 公式ホームページ↓↓

http://www.nga.or.jp/

17年 8月 16日 17:30

盆の明け

1

 

昨日は、みどりが丘公園会館で、

送り火イベントを開催いたしました。

 

10

 

あいにく、朝から雨が、

降ったり止んだり、

断続的に続きまして・・・

 

3

 

 「送り火コンサート」は、

会館の中で行うことになりました。

 

4

 

 コンサートで一緒に演奏に参加していただけるよう、

ご来場のみなさんに、

竹製マラカス作りも楽しんでいただきましたよ。

教えてくれたのは、

そう、「なごや竹和会」のみなさん達です。

 

16

 

大変暑い中、何日も前から制作いただいていた、

こちら、竹製灯りアートのご準備も、

雨に濡れながら、手際のよいチームパワーで、

一生懸命行っていただきました。

みなさん、さすがです!!

 

2

 

 いよいよ辺りは薄暗くなり、

送り火コンサートが始まりました。

 

5

 

 演奏してくれたのは、

「送り火楽団」のみなさんです。

残念ながら、室内での開催となりましたが、

ほのかな灯りの中で、

大切な人を想うひと時を、

やさしい音楽とともに、

お過ごしいただけましたでしょうか。

 

6

 

イベント時間中、雨はなんとか降ることなく、

辺りは刻々と、ますます暗くなり・・・

 

7

 

みどりが丘公園会館前庭では、

いろんな灯りが、闇夜に浮かびあがってきました。

 

8

 

 このかわいい絵を描いて参加してくれたのは、

「のりくら保育園」のみなさんです。

プランターの植物を植えてくれたのも、

園児のみなさんです。

今日は、ご家族のみなさんと一緒に、

遊びに来てくれたお友達もいて、

またお会いできて、うれしかったです。

「ぼく、これかいたよ!!」

「わたし、これうえたよ!!」

そんな得意気なお声が、

灯りのあちらから、こちらから。

・・・ありがとう( ◠‿◠ ) ・・・

 

9

 

・・・ありがとう・・・

そんな言葉で送る、

今年の送り火イベントでした。

足元の悪い中、

多くの皆様のご参加、

どうもありがとうございました。

 

11

 

さて一夜明け、

今朝も雨降りのスタートとなり、

ハスの葉の上では、

雨粒が集まり、大きな水滴となって、

あっちにユラユラ、こっちにユラユラ・・・。

 

12

 

 盆が明けました。

 

13

 

およそ2万6千のお墓には、

それぞれの想いでお供えされたお花が、

やさしい雨をうけ、

今日もきれいに咲いていました。

カンカン照りですと、

すぐにお花が枯れてしまいます。

この雨のおかげで、

ご先祖様もきれいな参道を通って、

お帰りになられたのではないでしょうか。

 

14

 

その雨も上がり、

水滴を振り払うかのように、

ナツズイセンが、

勢いよく花を広げ、

 

15

 

午後には青空もちらり。

低い雨雲の上には、

うろこ雲が広がっていました。

盆が明け、

もうすぐ、秋かな・・・。

 

17

 

17年 8月 13日 17:30

盆の入り

1

 

お墓にホオズキのぼんぼりがあちらこちらで灯り、

 

16

 

 盆の入りの園内は、

 

15

 

大変多くの皆様が、

ご先祖様をお迎えにおみえになっていました。

 

14

 

みどりが丘公園の上空は、

県営名古屋空港へ到着便の、

飛行機の航路となっているようで、

今日も飛行機は絶え間なく通り過ぎ、

多くの皆様が、次々とふるさとへと、

ご帰省だったかことかと思います。

↑↑この飛行機にご搭乗の方の中にも、

ご到着後、すぐにここみどりが丘公園へと、

足を運ばれた方がおみえだったのでは。

 

2

 

ご親族様がお集まりになり、

お盆のよい時をお過ごしでしょうか。

 

3

 

さて、約2万6千の墓地があるみどりが丘公園は、

盆彼岸時の、特に午前中は、

お車の方の列がどうしても発生してしまいます。

ここで、本日午前10時~11時頃の、

お車の様子をご紹介いたします。

↑↑こちらは、園内入り口付近の県道です。

度々、このお便りでもご紹介しておりますが、

園内の出入口は、

この県道が開通したことに伴い、

今年の3月より変わりました。

今はこの「みどりが丘公園」の案内板を、

過ぎてすぐ左に公園の出入口があります。

 

4

 

その園内出入口付近の様子です。↑↑

南園北園の分かれ道であり、

北園へお越しの方が名古屋方面へとお帰りの際にも、

通る道となっていますので大変込み合います。

 

 5

 

トンネル(アンダーパス)の道から、

南園へと入ったこの辺りも、↑↑

このように渋滞が発生します。

 

6

 

↑↑こちらの様子は、

南園「みどりが丘公園会館」の隣の道で、

名古屋方面へとお帰りの方の渋滞の列です。

おそらくご来園の大半の皆様が、

ここを通過するかと思います。

園内各所の渋滞発生箇所には、

交通誘導員がいますので、

指示に従い、ご安全にご通行ください。

 

8

 

 園内各所にある大駐車場も、

一時的に満車の時がありました。

 

7

 

お墓の場所から少し離れてしまうかもしれませんが、

駐車場は園内各所に、十分ご用意していますので、

お手数をかけますが、お探しご駐車ください。

 

9

 

また、8月15日までは、

↑↑このような「無料園内巡回バス」が走っていますので、

徒歩で園内を歩かれる方は、どうぞご利用ください。

 

10

 

園内8か所に、このような臨時バス停があります。

運行時間は、午前8時半~午後3時で、

12時~12時半はお休みします。

巡回バスは、約20分間隔で、

このバス停を通りますので、

ご自由にご乗車ご降車してください。

 

11

 

みどりが丘公園会館の前にも、

先ほどの臨時バス停があります

市バスでお越しの方で、

公園会館をご利用の方などは、

この「無料園内巡回バス」が、

大変便利にご利用いただけるかと。

 

12

 

ただ今、会館内では、

「名古屋市農業センター」出店による、

果物や各種物産品の販売を行っています。

また供花は、種類や花束数を、

通常時より多くそろえて販売しています。

線香やロウソクなどの墓参セットも、

通常時と同じく、常時販売しています。

 

13

 

「みどりが丘公園会館」まで遠い、

北園のご利用者様に向けて、

このお盆からは初めて、

北園中央トイレ付近でも、

このように供花や墓参セットを販売しています。↑↑

この販売は、明日(14日)までとなっていますので、

どうぞご利用ください。

おいしいアイスクリームもありますよヽ(^。^)ノ

 

17

 

みどりが丘公園に限らず、

どこも込み合うこの時期ですが、 

ご先祖様の送りの時まで、

どうぞご自身のお体にも気をつけて、

ゆったりとした気持ちで、

お過ごしいただければと思います。

 

18

 

 それでは、ご先祖様とともに、

よいお盆の時を・・・。 

 

2 / 2312345...1020...最後 »

このページのトップへ