名古屋市みどりが丘公園 NAGOYA CITY MIDORIGAOKA PARK

みどりが丘公園だより

みどりが丘公園からのイベント情報やお知らせを配信します。

18年 1月 20日 17:30

新規墓地、ご覧になりましたか?

  1

 

1月4日より、

ご案内がスタートいたしました、

『新規墓地使用者募集』について、

 

25

 

あれから連日、日増しに、

募集に関するお問い合わせを、

数多くいただいております。

ところで、新規墓地がある、

現地はご覧になりましたでしょうか?↑↓

 

24

 

ご案内パンフレットは、

このホームページでもダウンロードができますが、

ご案内パンフレットには、

募集区画の図面のみのご案内で、

このような現地の写真は掲載されていません。↑↑

上3枚の白札箇所が、

今回の新規募集の対象墓地となりますので、

ご参考までにご覧いただければと思います。

 

12

 

約2万6千の墓地が並ぶ、

ここみどりが丘公園は、

県道をはさみ、

北園、南園と約半分に園地が分かれ、

さらに、

その墓地があるブロックによって、

墓地の面積や周りの風景も様々です。

 

16

 

また、四季折々でも、

その様子は、かなり変わります。

ご紹介するには、きりがありませんので、

もしよろしければ、

このおたよりの、過去約4年分の、

アーカイブをご覧いただければと思います。

ここでは少し、本日の園内の様子で、

各所の墓地をご覧いただきましょう。↑↓

 

13

 

実際に園内様々なタイプの墓地を、

いろいろご覧になることで、

墓地のイメージがわいてくるかと思います。

また、冒頭の写真のように、

今はなにもない新規墓地も、

数年後には、このように、

ズラリとお墓石が並ぶことでしょう。↑↓

 

23

 

『新規墓地使用者募集』の受付期間は、

2月1日(木)~4日(日)です。 

それまで、もしお時間よろしければ、

是非一度、現地の様子をご覧いただき、

墓地のご使用を、

ご検討いただければと思います。

 

11

 

ところで、

みどりが丘公園の墓地は、

名古屋市営の墓地であるため、

名古屋市に在住6か月以上であることが、

申込資格となります。

申込みの際は、住民票が必要です。

 

4

 

というわけですので、

新しく墓地をお申込みの方の多くは、

名古屋市方面からお越しかと思いますので、

名古屋市内からの、

ご来園方法をご説明いたします。

お車でお越しの場合、

公園入口はこのような風景です。↑↑

このように、公園内は、

お車でお入りいただけ、

また、園内一周できるようになっています。

「徳重」の交差点よりお車で東に直進約2分。

道路上にある看板、

「600m先」、「100m先」、

この2つの看板を過ぎたら、

すぐ左手に公園入口があります。

初めてお越しの方は、

スピードに乗って通り過ぎてしまう方が、

大変多いようですので、

↑↑この入口をどうぞお見逃しのないように。

 

5

 

 新規墓地は、「南園」にありますので、

入ってすぐを、看板の通り、

左に曲がってください。↑↑

 

6

 

曲がるとこんな感じです。↑↑

 

7

 

そのまま進み、

アンダーパスを抜け出ると、

こんな感じです。↑↑

右手に「みどが丘公園会館」の屋根が、

このようにチラリと見えてきます。

 

8

 

そのまま進むとT字路になります。

ご覧のように、↑↑

新規募集のブロック案内がでていますので、

ご希望の場所へとお進みください。

 

15

 

公園内、駐車場は、

園内各所に十分あり、↑↓

 

14

 

それぞれの墓地の近くに、

駐車できるようになっていますので、

大変便利にご利用いただけます。↑↑

 

10

 

ただし、公園内ですので、

もちろん信号などはありません。

どうぞ、園内は徐行運転で、

歩行者や自転車、

前後左右から来る車には、

十分お気をつけて、ご通行願います。↑↑

 

22

 

公共機関をご利用の方は、

地下鉄桜通線「徳重」駅より、

市バス原12系統「みどりが丘公園」行き約7分、

または、地下鉄鶴舞線「原」駅より、

市バス原12号系統「みどりが丘公園」行き約25分、

の2つの経路をご利用いただけます。

市バスは、園内に入り、

南園バス停「みどりが丘公園会館」、

北園バス停「みどりが丘公園」、

の2か所で発着いたします。↑↑

市バスの時刻表は、

この公式ホームページ上の、

「アクセス」に掲載しています。

 

9

 

 新規墓地に関するご案内を含め、

墓地に関する各種手続きや受付等は、

こちら南園に入ってすぐの平屋の建物、

「みどりが丘公園会館」で行っています。↑↑

年末年始以外は無休で、

平日9時~17時、土日祝8時~17時の開館です。

(※土日祝の受付業務は9時からです。)

お電話でも各種お問い合わせ承ります。

TEL(052)876-9877

 

3

 

また、みどりが丘公園以外の場所でも、

多くの皆様に向けて墓地PRのため、

様々な宣伝活動をさせていただいております。

近々の開催は、

1月24、25日の2日間、

イオン八事店4階G.Gモールで、

「名古屋市民納得のお墓探しセミナー」と題し、

お墓の探し方や最近の墓地動向などのお話と、

音楽によるアトラクションを行います。

(前回の会場の様子↑↑)

第一部11時~、第二部14時~、

(各回1時間程、途中の入退場OK)

また、墓地に関する相談窓口も、

同会場に設置(10~15時)します。

お時間ご都合よろしければ、

是非ご参加ください。

 

21

 

さて、ここ数日の暖かさのおかげで、

ナノハナがやっとこさ、咲き始めました。

例年より約1ヶ月遅い開花です。

まだチラホラの開花なので、

大きな声で「見頃で~す!!」

・・・とは言えませんが、

花が少ないこの季節に、

寒さに負けず、ちゃんと咲いた、

この一輪一輪に、

愛おしさを感じます。

 

20

 

皆様も、墓地のご見学にあわせ、

お散歩がてら、黄色い一輪、

見つけてみませんか?

 

19

 

ただし、今日は大寒。

今は、一年で一番寒い頃とされています。

天気予報でも、

また来週はグッと寒くなる、

とのことですので、

防寒対策は、どうぞお忘れなく。

 

17

18年 1月 14日 17:30

氷点下時、要注意!!

3

 

すべてのものが凍りつく・・・

 

4

 

寒い寒~い朝です。。。※◎※

 

5

 

「これは何の花?」 

「ナノハナです。」

「んッ、白い花?」 

「これは霜なんです。」

例年ですと、黄色いじゅうたんが広がる頃なんですけど、

今年は、ツボミの数こそ増えてはきましたが、

未だ開花せず・・・

昨日は、霜がすべてのツボミについて、

白色じゅうたんになってしまいました(~_~;)

 

1 

 そんな昨日は、最低気温が氷点下3度。

カチンコチンに寒く、

園内のすべての池の水が、

ほらっ、↑↑

こんなに分厚く凍ってしまいました※(+o+)※

・・・って、いまいちこの厚さ、

よくわかりませんよね。

足で踏んでも簡単に割れない程の厚さです。

 

2

 

では、その厚さ、

ドングリと比べていただきましょう。↑↑

・・・といっても、

これまたよくわかんないですね・・・ごめんなさい(~_~;)

つまり、

1.5~2.0㎝位の分厚さだったというわけです(^_-)

 

19

 

 この時期、氷点下になるような日は、

朝方のお早いお参りは、

できればさけたほうがよろしいかと思います。

というのも、水道管が凍ってしまい、

水が出ないことがあるからです。

 

6

 冬季はすべての水道管に凍結保護を行っています。

このため氷点下時でも、

日向日陰で気温が微妙に違うため、

水が出る管もありますが、

さすがに昨日のような気温時は、

園内すべての水道管が凍ってしまいました。

無理に蛇口を開いたりすると、

管が破裂することがあります。

また、水がでなくても、

蛇口が動き回してしまった場合には、

必ず元通りに閉めてください。

 

7

 

また、昨年開通した、

アンダーパスの歩道上は、

斜面より水がしみ出し、

歩道に流れてくる箇所が数か所あり、

これも氷点下時は凍ってしまいます。

ご利用者様の多いこの歩道。

大変ご迷惑をおかけしますが、

足元にご注意いただき、

ゴム板の上をお通りください。↑↑

 

8

 

さて今朝もまたまた氷点下。

池の水は、この通り、

やっぱり凍っていました。↑↑

ただし、昨日の同時刻より、

半分以下の厚さでした。

最低気温が氷点下3度と氷点下1度で、

これだけ氷の厚さに差があるんですね。

水道管はというと、

園内のほんの一部、日陰の場所以外は、

すべてご利用いただけていました。

 

15

 

ところで、「池」というのは、

公園の魅力的なスポットの一つです。

今日もこちらの南園中央の調整池周りの駐車場は、

朝から夕方まで、いっぱいでした。↑↑

 

14

 

南園のこのエリアは、

すぐお隣の豊明市の勅使池へと、

続けて行けるようになっています。↑↑

四季折々、

自然観察や運動にお散歩にと、

毎日多くの方がおみえになっています。

さすがに、真夏の日中は激減しますが、

 真冬は気温に関係なく、

いつもたくさんおみえです。

池には野鳥もたくさんいて、

人気ポイントの一つです。

 

17

 

こちらは、ホシハジロのカップル。↑↑

真っ赤なお目目に、メスは釘づけ。

このように、今は野鳥の中でも、

特に水鳥が多く飛来しています。

キー(高い声)、グェー(低い声)、

いろんな野鳥の声が飛び交い、

まるで動物園のように、

とってもにぎやかです♪

 

18

 

こちらでは、

しばらく顔を水につけたまま、

みんなで輪になって、

クルクル回ってるカモさん達がいました。↑↑

いったい何をしているかわかりますか?

こんなふうに、同じ水鳥でも

それぞれに個性があり、

性格も違っていたりと、

毎日いろんな姿で楽しませてくれます。

 

11

 

ところで、60haの広いみどりが丘公園には、

調整池も数多くあります。

あくまでも調整池ですので、

魅せるための池ではないのですが、

自然につつまれた公園ですので、

草や木が生えたりすることで、

調整池とはいえ、

いろんな表情に変化していきます。

例えば今であれば、

ガマの穂が割れ、

フワフワの綿毛が北風にボワッと舞う、

幻想的な風景をご覧いただけます。↑↑

 

13

 

その綿毛は空中をさまよい、

そしてたどり着いた先は、

木の幹だったりすることも。↑↑

フワフワの毛に包まれたこの木はなんだか、

あったかそう(*^_^*)

 

10

 

もちろん、調整池の機能を果たすために、

草刈等の手入れを定期的に行っています。

あくまでも自然を残す池ではないですので、

その点はどうぞご理解ください。

また、立ち入れないよう柵もしています。↑↑

柵越えなどされませんように、

くれぐれもよろしくお願いいたします。

 

16 

 「調整池には入りませんよ、僕は柵は超えません!!」

 ・・・っと、こちらのカワセミくん。

 

21

 

「ううう、あそこにおいしそうな餌があるんだけど、、、

僕も、一線を超えるの、我慢します…(-_-;)」

・・・っと、こちらはモズくんです。

野鳥さん達も、

ルールをちゃんと守ってくれているようですね(^_^;)

というわけで、このように、

野鳥観察も、柵の外で十分できるかと。

柵越えを我慢するかわいい野鳥さん達を、

ちょっとのぞいてみてはと思います。

 

12

 

こちら、北園芝生墓地付近の池でも、

ヒメガマが破裂しています。

こちらは先程のものより小さいガマですので、

はじけ方もかわいらしいですね。

 

9

 

こちらの池は魅せるための池ですので、

周りに柵はありません。

水深はかなり浅いですが、

今日のような冷たい日は、

一日中氷が解けなかったりして、

かなり冷たいです(>_<)”

思わず氷遊びをしたくなるお気持ちわかりますが、

あまりに夢中になり落ちませんよう、

そして、何か物を落としても、

決して中には入らないようお願いいたします。

 

20

 

何かお困りの際には、

みどりが丘公園会館内管理事務所へ、

すぐにご連絡くださいませ。

TEL(052)876-9877

※年末年始以外無休

 

22

18年 1月 7日 17:30

(^^)/◆~みんなで凧をあげました~(^^)/◆

1

 

戌=2=0=1=8ーーーーー\(^o^)

「新年、おめでとう!!」

19

 

今日は、気持ち良い快晴の空の下、

「手作り凧あげ教室」が開催され

キャッキャキャッキャと、

元気で楽しいお声が、

園内に響き渡りました(^o^)/♪

 

2

教えてくれたのは、

今年も初っ端大活躍の、

「なごや竹和会」のみなさん達です。

 

3

 

年始早々の教室ではありましたが、

午前の部午後の部ともに満員のご参加、

ありがとうございました(^^ゞ

 

10

 

凧は簡単な作りのようで奥深く難しく

できるだけ単純な作りで

小さいお子様でも作りやすく、

かつ、よく飛ぶ凧にするために、

「なごや竹和会」のみなさんは、

緻密に設計試作を重ね、

そして材料をそろえてくれました。

 

4

 

「でも~、私、わかんな~い。」↑↑

特に女子は、組み立て系の、

こういうの苦手なんですよねぇ・・・(@_@;)

そんなあなたも大丈夫!!

「なごや竹和会」のメンバーのみなさんが、

やさしく丁寧に教えてくれるから。☆(^o^)丿OK

 

5

 

「まずは、竹ひごを和紙につけていきます。」↑↑

竹が付きやすい向きや、補強の具合など、

保護者の方々も、

「ん~、そっか、なるほど~。」っと、

みなさん真剣に説明を聞いていましたよ。

 

6

 

「次は、凧に好きな絵を描いてください。」↑↑

絵描きはさすが、みなさん上得意のようですね。

同じ大きさの凧ですが、

この段階で、

いろんな個性あふれる凧になっていきます。

出来上がりが楽しみです。

 

7

 

「いよいよ凧に糸を通していきますよ。」↑↑

張り具合、結び目・・・いろいろ大丈夫かな?

あともうちょっと、がんばって。

 

9

 

「仕上げにしっぽを付けましょう。」↑↑

色とりどりのテープの中から、

お好きな3色を選んで凧につけて、

とうとう完成です(*^。^*)

 

11

 

さぁ、うまく凧はあがるでしょうか?

今日は特別に、

普段は立ち入り禁止エリアとなっている場所を開放し、

そこで凧あげを行っていただきました。

 

15

 

「おじさんが合図したら走ってね、いくぞ~。」

 

14

 

「おっ、うまいぞ、もっと凧糸を出して、高く高く~!」

 

13

 

 あっちでも、こっちでも、

いろんな凧が無事、

2018年を迎えた大空を、

スススイッと飛んでいきましたヽ(^。^)ノ◆

 

 16

 

あれ、こちらでは、、、↑↑

凧が5つ連なって、、、

これはもしや、、、

 

17

 

「連凧あがりました~(^^)/~~~~~」

あげているのは「なごや竹和会」さんです。

「なごや竹和会」さん達は、毎年この教室で、

何かしらおもしろい凧も作ってくれて、

凧あげをより一層楽しませてくれます(*^。^*)

すると・・・んんッ!?

そばから何かが連凧をねらって、

近づいてきましたよ(+o+)

 

20

 

「ガブッ、ガブッ、ガブ~ッ」

「ぎゃ~ッ、連凧、食べられたッ(+o+)!!」

とっても迫力ある面白い凧の絵ですね。↑↑

さすがの連凧も、

お子様達の発想力には負けたようです(^_^;)

 

12

 

みなさん無事に高くあがって、よかったですね。

2018年、きっと良い年になることでしょう。

あっ、そうそう、先ほど食べられた連凧は、

なんとか無事に救出できましたので、

みどりが丘公園会館内で、

もうしばらく展示させていただきます。

ご来館の際、

ご覧いただければと思います(^<^)v ↓↓

 

18

18年 1月 4日 17:00

『新規墓地使用者募集』のご案内がスタートしました。

1

 

新年あけましておめでとうございます。

 

2

 

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

4

 

さて、みどりが丘公園の新規墓地が完成し、

本日より、募集区画のご案内がスタートいたしました。

募集のご案内パンフレットは、

こちらの表紙のA4サイズ約20ページの冊子です。↑↑

配布場所は、みどりが丘公園会館のほか、

名古屋市内の各区役所支所、福祉会館です。

 

5

 

今回の募集区画は、

南園「349,373,374,377」ブロックにあります。

募集区画には、このように白い札が建っています。↑↑

ご案内パンフレットに掲載している

募集区画図と照らしあわせ、

是非、現地をご見学いただければと思います。

 

9

 

新規墓地使用者募集の受付日は、

2月1日(木)~4日(日)です。

その後、公開抽選会が、

2月18日(日)に行われます。

詳しくは、みどりが丘公園南園へ入ってすぐの、

こちらの平屋の建物、↑↑

「みどりが丘公園会館」事務所へお問い合わせください。

お電話でもご相談可能です。

TEL(052)876-9877

 

7

 

なお、引き続き、

「平成29年度墓地使用者募集」については、

3月12日(月)まで毎日、

申込受付中ですので、

どうぞよろしくお願いいたします。

8

17年 12月 23日 17:30

ミニ門松作り教室を開催しました(^^)/

1

 

「ワッハッハ~!!」

こちらも思わず笑顔になりそうな、

この竹のお顔は、、、

 

2

 

本日開催された、

「ミニ門松作り教室」で使われた材料の一つです。

 

3

 

教えてくれたのは、

みどりが丘公園で大活躍中のボランティア、

「なごや竹和会」のみなさんです。

 

5

 

なごや竹和会のみなさんは、

みどりが丘公園の荒廃している竹林を整備して、

なおかつ、整備で発生した竹材を利用して、

様々な竹工作教室も開催してくれる、

スペシャリスト集団です。

 

4

 

 今回も、ミニ門松作り教室のために、

何日も前から、

材料を一つ一つ丁寧に

真心込めて作っていただきました。

 教室にご参加の皆様が、

 年末のお忙しい時間の中、

つかのまお楽しみいただき、

来年も、無事によいお年を、

迎えることができますようにと願いを込めて。

 

21

 

ミニ門松とはいえ、

材料の一つ一つには、ちゃんと意味があり、

そして、向きや結び方、組み立て方の

いろんな決まり事がありますので、

 

6

 

正月を迎えるにあたっての、

心構えなんかもお勉強できたのではと思います。

 

7

 

皆様、とっても素敵に、

ミニ門松を完成させていました☆”

既製品を買って飾るだけのお正月飾りとは、

一味も二味も、何倍も違う、

意味のあるお飾りになったのではと思います。

 

8

 

お正月が終わったら、

是非いろいろアレンジなどして、

長くご利用いただければと思います。

「私たちみたいな、お花を寄せ植えするのもいいかもよッ☆」

・・・っと、草花達が申しておりました(*^^)

 

10

 

園内にも、ミニ門松に使用した、

縁起のいい植物がいろいろありますよ。

こちらは、先月始め、

ご紹介いたしましたものと、

同じ「ナンテン」です。↑↑

今では実が真っ赤になり、

それを知ってか、

ヒヨドリが食べてしまいます。

お正月終わる頃までは、

他の木の実を食べてほしいです・・・。

 

9

 

 こちらは「クマザサ」。↑↑

これも、先月初めにご紹介したものと、

同じクマザサですが、

その時ご紹介した通り、

ほら、隈取り部分が太くなりましたよ。

寒くなった証しです(*_*)

 

17

 

そしてこちらは、「ハボタン」です。↑↑

ハボタンの花言葉は「祝福」とのこと。

来年はいいこと、あるかなぁ~。

 

19

 

 みどりが丘公園会館で販売中の供花には、

本日より「マツ」が加わりました。

ご先祖様が、いいお正月を、

お迎えいただければと思います。

 

11

 

さて、本日はお天気非常によろしく、

多くの方がご来園でした。

 

13

 

 ところで最近話題の、

「シャンシャン」にそっくり(!?)な、

こちらパンダ目の「ミコアイサ」、

別名「パンダガモ」が、

散策されてみえる方々に、

ここ数日、特に人気急上昇のようです●〇↑↑

 

12

 

 シャンシャン、いや、ミコアイサがいるのは、

こちら、みどりが丘公園のすぐお隣の、

こちら豊明市の勅使池です。

勅使池は、みどりが丘公園と園路がつながっていますので、

すぐに散策いただける距離にあります。

なかなかシャンシャンに、

お目にかかることは難しいかと思いますので、

どうでしょう、パンダ目のミコアイサさんで…(;^ω^)

 

14

 

 ただし、不動の人気は、

やはりこちらの「カワセミ」でしょうか。

ちなみにこの子は、勅使池ではなく、

みどりが丘公園の池で遊んでいたところをパチリ。↑↑

カワセミは、みどりが丘公園とその周辺の、

いろんなところで見かけます。

鳴き声をたどれば、

青とオレンジの羽が目立ち、

すぐに発見できますので、

是非探してみてくださいね。

 

15

 

↑↑ こちらの写真は、

ただ今、みどりが丘公園会館内で

写真展示している、

お客様が撮影されたカワセミくん。

「そんなに大きなお魚、食べれるの!?」

っと、突っ込みたくなるお写真です。

事実、この子はこれを食べれずポイしたとか。

何事も経験が大切・・・ですね(*´ω`*)

 

16

 

 「オイオイ、オレンジ色の羽は、俺様のほうがキレイだぜっ!!」

・・・っと言いながら、

「ジョウビタキ」くんがにらんできたので、

一応、この子もご紹介しておきます。↑↑

 

20

 

「アラ、や~ね、そんなに威張っちゃって。」

・・・彼女が冷たい目で見つめていましたけど・・・↑↑

まぁまぁ、仲良く仲良く。

他にも、自然豊かな、ここみどりが丘公園は、

特に冬場は多くの野鳥が遊びにきますので、

野鳥の会話を、楽しく想像しながら、

野鳥観察されてみてはと思います。

 

18

 

それでは 最後に・・・

本年も、みどりが丘公園をご利用いただき、

誠に、ありがとうございました。

また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって、

よい一年となりますように・・・。  

17年 12月 21日 17:30

年末の各種お知らせ

 1

 

年末が近づき、

お墓のお掃除におみえの方が、

日に日に増えてまいりました。

 

 2

 

寒い中ではありますが、

いつもより特に念入りに時間をかけて、

お墓のお掃除をされているお姿を、

園内各所でお見かけいたします。

 

 9

 

ここ数日、気温が少し高めの日が続いていますが、

日向と日陰では、気温差がかなり感じられます。

どうぞお風邪などひかれませんよう、

暖かい服装でお越しください。

 

 12

 

お体冷えましたら、

暖かい「みどりが丘公園会館」へお立ち寄りください。

会館内では、供花やお線香などの墓参セットを、

常時販売しています。

ちなみに、ただ今の供花は、

このようなお花の組み合わせになっています。↑↑

 

 5

 

ただし、ここ「みどりが丘公園会館」は、

12月29日~1月3日の6日間、

休館いたします。

ということでこの期間は、

各種墓地に関する受付業務や、

各種販売もできません。

また、ご休憩やお手洗いのご利用もできません。

ご不便をお掛けいたしますが、

どうぞご周知よろしくお願いいたします。

 

 6

 

お手洗いは、南園1か所、北園2か所ございます。

公園会館の休館中は、こちらをご利用ください。↑↑

 

3

 

もちろん、公園内へは毎日入れます。

公園門扉の開閉時間は、

午前7時~午後7時です。↑↑

 

 8

 

年末は、墓参の方で込み合います。

自家用車の渋滞緩和のため、

12月30日(土)は、

交通誘導員を配置します。

また、同日、通常時は閉門している、

↑↑ こちら、北園北側の門扉も、

開門いたしますのでご利用ください。

 

 7

 

水汲み場は、一時的に並んでしまうことがございます。

長時間独占してご利用されることがないよう、

周りの方にお気づかいいただき、

譲り合ってご利用ください。

また、ゴミ捨場には、

供花以外のゴミは入れないようお願いいたします。

特に飲食物は、カラスが集まる要因になりますので、

必ず、お持ち帰りください。

 

 4

 

こちらは、今年3月14日に開通したアンダーパスです。

お車で園内へお越しの方の大半は、

このアンダーパスを通ります。

(豊明市方面から南園へお越しの方で、

その後、名古屋市方面にお帰りの方のみ通りません。)

昨年とは道が大幅に変わっています。

3月14日以降、この公園へお越しになっていない、

ご家族ご親戚、ご友人の方がおみえの場合には、

どうぞ教えてあげてください。

 

 11

 

約2万6千のすべての墓地には、

墓地番号がついています。

墓地番号表記は、

「○○○ブロックー△△列ー××番」です。

 お墓の場所がわからなくなったら、

お墓のご使用者様に、

墓地番号を聞いてみてください。

また、公園会館内事務所でも、

何か手がかりがありましたら、

お調べすることができますので

お問い合わせください。

TEL(052)876-9877

(ただし、お教えできない場合もございます。)

 

 10

 

何かと慌ただしい頃ではありますが、

どうぞ墓参の時は心安らかに、

ゆったりとお過ごしいただければと思います。

 

15

 

さて、園内では、

カンツバキが見ごろになりました。

このカンツバキ、

 例年より咲き渋っていて、

ようやく見頃に。

 

16

 

「待ってました~(*^。^*)」…っと、

大喜びで飛び回り、蜜を吸っているのは、

黄緑色のメジロさん達です。

↑↑ この木の中にも、10匹くらいが、

花から花へ忙しく動いていましたよ。

どこにいるかわかりますか?

 

17

 

10月終わりから11月に、

紅葉の見ごろをお伝えしました、

アメリカフウの並木は、

今ではすっかり葉を落とし、

今度は、こんなにかわいい実を、↑↑

ブラブラポトリと落としています。

 

18

 

もうすぐクリスマス。

リース作りの材料にされるのか、

木の実拾いを楽しまれている方も、

多くおみかけいたします。

どんな素敵なお飾りに、

変身したんでしょうね(*^_^*)♪

 

13

 

「んんん!? なんだこの甘~い香りは?」

それはこちらの、ビワの花。↑↑

今開花して、実りは、来夏。

春を迎えてからの開花でも、

十分よさそうなものですが、

ビワならではの、何やら事情が、

きっとおありなのでしょう(^_^;)

そしてこのビワ、葉っぱも不思議。

見た目は、とっても地味な緑色ですが、

白い布などをこの葉で染めると、

淡~いピンクになるとのことで、、、

 

14

 

早速、実験してみました(*^^)v

白い布がなかったので、 

園内で収穫したワタの実をほぐして、

染めたものがこちらです。↑↑

写真ではわかりにくいのですが、

ほんのりピンク色に染まりましたよ。

「ビワ」の秘めたる力、なんとも恐るべし(+o+)

 

19

 

 明日は冬至。

昼間が一番短い日とされています。

こちらは、公園会館周りで、

午後5時に撮影した様子です。

ご覧のように会館周りでも、真っ暗です。

お帰りはどうぞお早目に・・・。 

17年 12月 14日 17:30

冬らしい寒さとなり・・・

1

 

今朝は池の水が氷るほどに、↑↑

グッと気温が下がりました。

 

19

 

これからの季節、

0℃を下回る気温の、

特に今朝のような朝方は、

園内の水道管が、

氷ってしまうことがあります。

 

20

 

12月~3月、お墓参りの際、

蛇口をひねって水が出ない場合は、

おそらくそれは、凍結してます。

ひねった蛇口は閉めてから、

隣近所は凍ってない場合がありますので、

別の水汲場を使用してみてください。

水はちょっとひねって出なければ凍結しています。

無理に蛇口を回して水を出そうとすると、

破損する場合がありますので、

くれぐれもご注意ください。

 

5

 

 さて、数日前より、

 

16

 

冬らしい、ぐっとくる寒さとなったことで、

 

3

 

お日様の光の、なんとも言えない暖かさを、

 

15

 

体全体で、身に染みて感じる、

 

4

 

今日のこの頃です。

 

2

 

この、ぐっとくる寒さの中でも、

元気な声ではしゃぎまわっているのは、

多くの野鳥さん達です。

ここで、昨日今日と見かけた野鳥さんを、

ちょっと、ご紹介いたします。↓↓

 

22

 

シジュウカラ

 

7

 

ホオジロ

 

8

 

エナガ

 

9

 

モズ

 

6

 

↑↑ カモさんいろいろ

・・・あっ、さすがに今朝は寒かったのか、

顔を体にうずめてジッとしてましたね(^_^;

 

11

 

野鳥さんが公園に多く集まるのは、

豊富な餌と豊かな実りです。

こちらは、マサキの実。↑↑

 

12

 

こちらは、ユズリハの実です。↑↑

このユズリハなんて、

ブルーベリーのようで、

とってもおいしそうなので、

ついつい食べてしまいたくなりますが、

人間には害ですので、食べてはダメですよ。

 

17

 

 まだまだ野鳥さんは、

いろんな種類、たくさんいますので、

寒い中ではありますが、

これからのシーズン、ご来園の際には、

野鳥観察がおすすめです。

 

21

 

そして園内で体が冷えてしまったら、

どうぞ、みどりが丘公園会館へお立ち寄りください。

館内では、みどりが丘公園周辺で見かけた、

いろんな野鳥さんの写真展示を、

随時入れかえ、展示しています。

これらの写真は、野鳥観察で公園に来ている、

お客様よりいただいたものです。

「こんな鳥もいたのね、こんなこともしてるのね!?」・・・っと、

スタッフ一同も驚く野鳥の様子が

おもしろいですよ(*^^)v

 

18

 

年末も近々、

どうぞお体には十分ご自愛いただき、

園内散策をお楽しみいただければと思います。 

17年 12月 4日 17:30

親子教室「手作り凧あげ」開催のお知らせ

1

 

ふと気づけば12月・・・

 

2

 

木々の紅葉は、

 

5

 

いよいよ終盤。

 

4

 

真っ赤に、真っ黄に、

 

3

 

 最後の時を輝いています。

 

6

 

そんな赤や黄の木々の葉を、

真っ白いサザンカ達が、

うらやまし気に眺めていました。

 

7

 

2017年の木々の饗宴は、

もう少し、あと少し・・・。

17

 

そして、すぐに1月、

そう、2018年がやってくることでしょう(^_^;)

 

 9

 

・・・というわけで、

ここで、新年最初に開催される、

「手作り凧あげ教室」のお知らせをいたします。

 

10

 

講座名 : 親子教室「手作り凧あげ」

講師 : ボランティア「なごや竹和会」メンバー一同

開催日時 : 1月7日(日)①10時~ または、②13時~(2時間程)

開催場所 : 公園会館と南園園地広場

定員 : 親子各20組

申込み方法 : 窓口またはお電話で、先着順で受付け

講座内容 : 公園会館で、和紙と竹ひごで凧を組み立て、絵や文字を描きます。

完成後は、南園園地広場にて、凧あげを行います。

 

18

 

新年を迎えた大空へ、

元気いっぱい、

みんなで凧をあげましょうヽ(^。^)ノ

多くの皆様のご参加、

お待ちいたしております。

 

11

 

 ところで、先日ご紹介しました、

ここ、みどりが丘公園会館内の、

↑↑こちら、オキナワスズメウリのツリー飾りは、

緑の実が徐々に染まり、

赤い実が増えてきました。

そこで、木の実やドライフラワーで、

デコレーションして、

より、クリスマスツリーっぽくしてみました。

ただし、宗旨宗派を問わない当園ですので、

あくまでも、

クリスマスツリーっぽい感じ、

・・・ということで(*´ω`)

 

12

 

↑↑こちらでは、

鶴舞公園のハスの実と、

みどりが丘公園のアメリカフウの実を、

コラボデコレーション。

どちらも、2017年に、

花開き、そして実ったものです。

この一年に、感謝を込めて飾りました。

すると、足元に、

コロリと転がった黒い丸いものを、

お子様達がみつけ、

「何だろう?」っと言いながらも、

ハスの穴に、ポコッとはめていました。

ははぁ~、なかなかするどい感性( ˘ω˘ )

よくわかりましたね!

「ばぁちゃん、ばぁちゃん、入ったッ、入ったよ~ッ!!」

う~ん、なかなかうれしい歓声(*^^)v

 

14

 

「・・・なんの騒ぎなのかしら(*_*)ZZZ」っと、

土の中から出てきたのは、

こちらの、カエルさん。

お花の植え替えをしていたので、

土が動いてびっくりさせてしまったのと、

何より、先ほどの

子供達の楽し気な声につられて、

ぴょっこり土の中から出てきたのです。

「冬眠中、お騒がせしてごめんなさいね。」っと、

そっと土をかぶせてあげました。

 

16

 

そんな会館周りの草花は、

夏秋から冬春の草花にバトンタッチ。

これから、ゆっくりゆっくり大きくなって、

皆様をお迎えしてくれることでしょう。

 

13

 

「いらっしゃいませ、こんにちは(#^.^#)」

ただ今、ご挨拶の練習中です。

17年 11月 25日 16:30

バス停屋根完成&各種お知らせ

12

 

先日よりお伝えしておりました、

「みどりが丘公園会館前」のバス停の、

屋根工事が完了し、

本日より、

いつものこの場所での市バス乗降利用が、

できるようになりました。

これまでとちょっと違う風景になりましたので、

乗降の際は、どうぞ戸惑われませんように。

 

14

 

また、今年3月に開通したアンダーパスの歩道について、

歩道に水が流れてしまう箇所が数か所あり、

歩行のご迷惑になっていましたので、

ゴム板をひいて、

その下に水を流すようにいたしました。

 

13

 

これからの季節、

名古屋市内でも気温が比較的低い、

ここみどりが丘公園では、 

水が氷ることもあるかと思いますので、

歩行の際にはできるだけ、

ゴム板の上をお通りいただきますよう、

ご注意よろしくお願いいたします。

 

1

 

 園内各所の紅葉の見頃は、

まだまだ続いています。

 

7

 

お墓参りの際に、、、

 

6

 

 お散歩にジョギングの際には、、、

 

2

 

この紅葉もお楽しみいただければと思います。

 

4

 

紅葉に負けず劣らず、

木々の赤い実たちも、

ますます真っ赤に燃えて見ごろです。

こちらは、ニシキギの実。↑↑

 

3

 

 そして、こちらはピラカンサです。↑↑

赤い実はまだまいろいろありますので、

紅葉散策にあわせての、

赤い実探しなども、

いかがでしょうか。

 

15

 

さて、この真っ赤に染まる秋に限らず、

四季折々に、その表情美しい、

ここみどりが丘公園では、

現在、墓地のご使用者様を、

随時募集しています。

募集区画には、このように、↑↑

白い札がついていますので、

いつでもご自由にご見学ください。

公園開門時間は、7時~19時です。

 

16

 

墓地使用者募集に関する、

ご案内パンフレットは、

A4サイズのこちらの表紙のもので、↑↑

「みどりが丘公園会館」の他、

名古屋市内各区役所等でも配布中です。

この公式ホームページからも、

同じものがダウンロードできます。

墓地募集に関するご相談等は、

こちらの「みどりが丘公園会館」で承ります。

お電話でもご相談可能です。

どうぞご利用ください。

TEL(052)876-9877

年末年始以外無休です。

 

8

 

この「みどりが丘公園会館」の周りでは、

寒さに負けず、

未だ昆虫さんが遊んでいましたよ。

こちらのカマキリさんもそう、

今日は、影遊びでもしているのかな?

 

9

 

あっ、、、

バッタさんも同じくですかねぇ・・・(*_*;

 

19

 

 黒と白と紫の、

お洒落な鎌を持つ、

こちらのコカマキリさんは、

そんな子供っぽい遊びはお嫌いなのかしら。

ツンとすました表情で、

すッと通り過ぎていきました・・・(*´з`)

 

17

 

 園内のお墓では、

トンボが一匹、

そっと墓石に止まっていました。

真っ赤な秋に負けないくらいに、

真っ赤な体で、

秋の陽だまりの中に・・・。

 

5

17年 11月 21日 17:30

歴史知るメタセコイア

2

 

遠くに見える三角形の木は、

 

3

 

北園のいたる場所から、

その姿を見ることができる、

芝生墓地のシンボルツリー、

「メタセコイア」3兄弟です。

 

1

 

この木が、今年も見事に紅葉しまして、

ただ今は、黄金色に輝いて、

ここ北園で、

ますますの存在感を放っています。

毎年、この時期に、

この木の紅葉のおたよりをさせていただいていますが、

今年はちょっといつもと違いますよ。

 

5

 

それは、、、

 うれしいことに、今年はナント、

初めて実が生ったのです!! ↑↑

足元をご覧ください。

ほら、

コロコロ落ちています。↓↓

木の実の装飾品などでも、

大変人気の木の実です。

これからの季節、

この”初物”を使って、

クリスマスリースなどの飾りなんかに、

いかがでしょうか( ◠‿◠ ) 

 

4

 

調べてみると、

この木が、この場所に植えられてから、

およそ30年が経過しています。

そして、

メタセコイアが実を付け始めるのは、

樹齢がおよそ30年くらいからと言われています。

つまり、

当初、どの程度の大きさの木だったかは不明ですが、

そんなに大きな木を植えることはないと思いますので、

おおよそ、この木の樹齢は30~40年と推測されます。

 

20

 

石の上にも3年どころか、

芝生の上にも30年!!

やっと実をつけるまでに成長した、

この「メタセコイア」3兄弟。

この間、ここで、

毎年、毎年、背を伸ばし視野を広げ、

北園のいろんな歴史を見てきたことでしょう。

今年の黄金に輝く「メタセコイア」には、

何だか、神々しい威厳を感じます。

 

6

 

とは言え、「メタセコイア」は、

最近話題のチバニアンの時代より、

遥か以前から、

この地球に存在する樹木です。

その長い長い歴史からすれば、

30年なんて、ほんの微々たるもの。

この芝生墓地でも、

これからずっと、長きに渡って、

墓地と皆様を、

見守ってくれることでしょう。

 

14

 

 さて、「メタセコイア」の他にも、

みどりが丘公園内では、

いろんな樹木の紅葉の見ごろが続いています★ 

上はサクラ、下はドウダンツツジの紅葉です。↑↓

 

12

 

そして、、、

「 赤や黄色の~、色鮮やかに~♪」…っと、

紅葉を見て、思わず口ずさんでしまうのは、

 

21

 

 やはり、このモミジ達★ ↑↓

 

7

 

あちらでも、、、

 

8

 

こちらでも、、、

 

9

 

鮮やかに色づいています★”

 

15

 

また、サザンカや、

 

17

 

ツワブキといったお花達も、

紅葉に包まれた園内で、

ひっそり色をそえてくれていますよ。

 

11

 

 冷たい風吹く園内ですが、

 

10

 

今日も多くの皆様が、

紅葉散策を楽しまれていました。

 

16

  

すでに紅葉が終わり落葉した葉は、

順番に掃除をしています。

せっかくのんびりと楽しまれている散策の最中、

清掃作業等で少々うるさく、

ご迷惑をお掛けすることもありますが、

どうぞご理解いただければと思います。

 

18

 

園内で体が冷えてしまったら、

どうぞ、「みどりが丘公園会館」へ

お立ち寄りいただきご休憩を。

会館前のシンボルツリー「コナラ」も紅葉し、

葉を徐々に落とすようになりました。 

 

19

 

 会館前の秋の草花達も、

もうしばらく、寒さに負けずがんばって、

皆様をお迎えしてくれることでしょう。

 「みどりが丘公園会館へようこそ。」…っと( ˘ω˘ )

1 / 2412345...1020...最後 »

このページのトップへ