名古屋市みどりが丘公園 NAGOYA CITY MIDORIGAOKA PARK

みどりが丘公園だより

みどりが丘公園からのイベント情報やお知らせを配信します。

18年 9月 8日

秋の体験教室「手作り竹おもちゃで遊ぼう!」開催のお知らせ

20

 

みどりが丘公園会館で、

秋の体験教室を開催いたします。

今回の体験教室は、

竹を使ったおもちゃ作りです。

教えてくれるのは、

みどりが丘公園でも大活躍中のボランティア、

「なごや竹和会」のみなさん達です。

↑↑こちらは夏の体験教室、

「竹水鉄砲であそぼう!」の様子です。

竹を切り削り、

上手に作った竹水鉄砲で、

暑い暑い夏の陽射しを、

みんなで吹き飛ばしました。

 

21

 

竹はいろんな「おもちゃ」に変身します。

今回の秋の教室では、

どんなおもちゃに変身するでしょう。

それはお楽しみということで。

お時間等ご都合よろしければ、

是非ご参加ください。

開催日:9月15日(土) 

開催時間 ①10~12時 または ②14~16時

定員:各回20名

参加費:500円

申込方法:電話または窓口(9月14日まで受付)

TEL(052)876-9877

 

17

 

さて、今週は、

甚大な災害が続きましたが、

皆様はご無事にお過ごしでしたでしょうか?

流れ行く雲達の行く先には、

とても悲惨な現場も多々あることでしょう。

幸い、名古屋市緑区にある

ここみどりが丘公園は、

特に大きな被害はなく、

無事でよかったです。

3

 

ただ、あれだけ強い風が吹き荒れる台風でしたので、

いろんなものが倒れてしまいました。

こちらは、123ブロック付近の様子です。↑↑

桶置場が倒れ、水汲場も壊れて、

現在は使用できません。

 

4

 

応急処置として簡易の桶置場を作りました。↑↑

水も出ます。

この付近をご利用の皆様には、

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、

しばらくの間、

こちらをご利用ください。

 

2

 

また、園内の木々も風に負け、

多数折れてしまいました。↑↑

現在、折れ枝等の処理も、

順番に行っています。

まだまだ通路等に、

細枝や葉っぱが、

落ちている箇所もたくさんあります。

掃除も順番に行っていますので、

どうぞご理解よろしくお願いいたします。

 

23

 

いつもの台風ではまず動くことのない墓石も、

特に墓誌のように、

風を受けやすい大きな平面の石などは、

傾き動いているものをお見掛けしています。↑↑

大きく倒れてしまっている墓地ご使用者様へは、

ご連絡させていただいておりますが、

微妙な墓石の傾き具合等のチェックは、

事務所では行っていません。

また、塔婆等の倒れや各種小物の散乱も、

園内随所で見られますので、

ご使用者様ご自身で、

是非ご使用の墓地をご確認ください。

 

5

 

 みどりが丘公園会館の周りでは、

重い大きなプランターなども、

ほとんどが倒れてしまいました。

こちらは、緑のツルで連なっている植物達のプランター。↑↑

強い風に引き裂かれ、

ブツブツに切れてもおかしくないくらいの、

激しい倒れ方でしたが、

粘りと力のある植物達に成長したおかげで、

なんともない感じで無事に元に戻りました。

もしヒョロヒョロに育っていたら、

すぐに切れ枯れて終わりでした。

こんなにも強く成長できたのは、

きっとこの夏、耐えに耐えた、

猛暑によるものかと思います。

 

6

 

「ありがとう、私のお家を元通りにしてくれて。」

・・・っと、いつものカマキリさんが、

お礼のあいさつをしに、

緑の間から出てきてくれました。↑↑

緑色のらせん階段のお城で暮らす、

ベージュボディのおしゃれな住人さんです。

 

16

 

粘り強く強風に勝った植物といえば、

このヒマワリたちもそうでした。↑↑

いつもは、台風にはすぐ負けて、

全部バタリと倒れてしまうのですが、

今年のヒマワリはなんとビックリ、

度々来る台風に負けることなく、

ほとんどが倒れていません。

これも、あの猛暑に耐えに耐え、

根力を付けたおかげかと。

 

26

 

「どうぞ、たっぷりお飲みになってくださいな。」っと、

何事もなかったような顔をして、

悠々とした姿で昆虫達を迎える姿には、

ヒマワリ達のパワーの余裕も感じました。

あれだけ苦しかったあの夏の猛暑も、

実は、生きとし生けるものを

強くたくましく成長させ、

いざという時の生きる力を、

付けてくれたのではと、

今では感謝さえしてしまいます。

 

15

 

このアゲハチョウも、

あの暑さに耐え今を元気に生きているようです。↑↑

台風一過、いち早く花畑にやってきて、

花蜜をグイグイ吸っていましたよ。

 

10

 

「あなたは、この夏に生まれたキリギリスさんね。↑↑

よくもまぁ、そんな小さな体で、

強風に飛ばされませんでしたねぇ( ゚Д゚)」

「あの強風は、ちょっと怖かったけど大丈夫。

なんてったって、生まれた時から、

脚を鍛えてますからね、ピーン( `ー´)ノ」

 

9

 

ただ、よく見ると、

羽や足、触覚や胴体が、

傷ついている子達ももちろんいます。↑↓

 

8

 

それでも芯は強く、

まだまだ懸命に生きています。

「がんばれ~、気張れ~!!」

 

12

 

ところで大型台風21号が来る直前、

名古屋市内全域約30か所では、

「なごやのアリ調査」なるものが開催されていました。

みどりが丘公園もその会場の一つでした。

どこでもいつでもいそうなアリさん達、

大きくチョロチョロよく動く黒いアリさん、

茶色く小柄で列をなして動くアリさん・・・。↑↑

おおよそ皆様も、

名前なんか知らず、

そのくらいの見解だけで、

アリを見ていることかと思います。

でも、ナントビックリ。

名古屋市内だけでも、

20~30種くらい生息しているとのこと!!

みどりが丘公園も、

2時間程調査するだけでも、

約10種が見つかったんです。

こんな身近に、

そんなに多くの種類のアリが生活しているなんて、

知ってましたか!?

 

13

 

そして私は、

この調査を通じて、

アリ達がおそらく見ているであろう景色も、

じっくり観察してみました。

すると・・・

「ヒャ~、まるで、ここは未来都市!?」

・・・っと思うくらい、

ステキな景色が広がってみえました☆”

 

25

 

↑↑こちらは何でしょう?

正解は、お盆の際、

多くの皆様がお供えされた、

「ホオズキ」です。

今は繊維だけが残り、

このような姿になって転がっています。

このホオズキを、

アリの目線から見れば、

まるで超巨大な、

ジャングルジムのようでした。

こんなジャングルジムで、

遊んでみたいな~(^^)/

 

14

 

「アリなんて大嫌い~!!」っという方も、

アリの見ている景色だけでも、

是非一度、

ご覧になってみることをお勧めいたします。

あたりまえのいつもの飽き飽きした景色が、

きっと全く違った、

輝いた世界に見えることでしょう。

そして、

そんな景色を見ているアリ達を、

ちょっとだけ、

好きになれるかもです(*^-^*)

 

24

 

この「なごやのアリ調査」、

主催は、「なごや生物多様性保全活動協議会」、

協力は、「名古屋市みどりの協会」です。

調査結果等は、

各団体の公式ホームページ等に、

今後、掲載されることかと思います。

興味がある方は、

のぞいてみてはと思います。

 

18

 

 ところで、

暦の上では「白露」になりました。

気づけば木々の紅葉が始まり、

ヒガンバナの仲間のタマスダレ達が、

いつの間にか見ごろになっています。↑↑

これから秋がどんどん進んでいくことでしょう。

それにしてももう、

大型台風、

絶対来ませんように!!

もし来ても、葉っぱ飛ばさないで~!!

せめて、紅葉は楽しませてよ~ッ!!

 

22


このページのトップへ